疲れが取れない方へ - 原因は活性酸素が深く関係

疲れが取れない原因に活性酸素が深く関係している

疲れが取れないと悩む方がとても多くなっています。休んでも何故か疲れが取れない、体がだるい、寝ても寝ても眠たい、やる気がでない…これらの症状が起こる原因の一つとして、活性酸素が深く関係しているということが解明されています。

活性酸素が細胞を傷つけ細胞がうまく機能しなくなり動きが悪くなる

「なんだか疲れているな…」

 

こう感じる時には、自分の体に何かしらいつもと違う現象が起こっているものですよね。

 

休んでも何故か疲れが取れない

 

疲れの原因は活性酸素

疲れの原因は活性酸素

体がだるい。

 

寝ても寝ても眠たい。

 

やらなきゃいけないのに、やる気がでない、など…

 

もしくは、自分には疲れている意識はあまりないけれど、なんだか体の動きがいつもと違う…という自覚の仕方もあるかもしれません。

 

「疲れ」というものは、はっきりと目に見える形があるわけでもなく、休んでも休んでも疲れが取れなかったりすると、

 

「なぜ疲れが取れないんだ!」

 

「疲れの蓄積が周囲には伝わらないから、ただ怠けているだけに思われてしまう…」

 

といった悩みを持っているという方も少なくないのではないでしょうか。

 

疲れの原因となる活性酸素

 

ところが、これらの症状が起こる原因の一つとして、ある物質が深く関係しているということが、ついに解明されたのです。

 

それが、「活性酸素」です。

 

これは、ストレスや身体過活動によって過剰に働かされた脳や筋肉から出される物質です。

 

頭や体をたくさん使って酸素を使えば使う程、この活性酸素は多く産生されていってしまうのです。

 

そして、この活性酸素の最もやっかいな点であるのが、“体の細胞を傷つけてしまい、それによって傷ついた細胞がうまく機能しなくなって動きが悪くなる”ということなのです。

 

この動きの悪くなった状態がいわゆる「疲れた状態」ということになります。

 

つまり、これまで不透明だった「疲れ」の原因が目に見える形として分かるようになったのです。

 

活性酸素と疲れについては、以下の記事も参考にして下さい。

 

前のページ 次のページ
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

疲れが取れない原因に活性酸素が深く関係している関連ページ

対応しきれない長期疲労へ姿を変え疲れが取れない状態に
疲労物質は疲れの原因である活性酸素の動きで産生されますが、疲労物質の誘発で疲労回復物質も増加します。このメカニズムで疲れが取れない悩みは起こらない筈ですが、人が対応しきれない長期疲労へ姿を変え疲れが取れない状態に陥ります。
慢性疲労の原因はいつでも好きな事ができる現代の環境
人間は自力で疲労を回復する力を備えた生き物で、かつての日本社会は疲れが貯まらない生活スタイルでした。しかし現代では、夜通し仕事に励むことも趣味に没頭することもできるようになり、それが慢性疲労の原因となっていると言えます。
疲れが取れない原因の睡眠サイクルと体を冷す環境
疲れが取れない人の環境で、共通する原因が生活習慣です。睡眠サイクルが不規則になると、細胞の損傷に対する修復が追い付かず疲労の蓄積となります。また体が冷えると疲労物質が排出されにくくなり、脳自体が結果的に疲れてしまいます。
全て疲れに繋がる食生活の乱れと諸悪の根源のストレス
栄養の偏った食事、3食食べない、遅い時間の食事、早食いなどの食生活の乱れは、全て疲れに繋がります。また疲れにとってストレスは諸悪の根源とも言え、疲労物質が増えてさらに疲れるという悪循環に陥るなど様々な弊害をもたらします。
疲れを軽減するための規則正しい眠り・食事・体の保温
疲れを軽減するために生活習慣を改善しましょう。同じくらいの時間に寝付き時間帯に目を覚ます生活習慣を意識しましょう。また体を冷やさないように意識し、規則正しく3食食べる事を心がけ、難しい場合には疲れに良い食材を摂りましょう。
笑いは副交感神経を優位にしストレス発散し疲れを軽減
疲れが取れない原因で、自分の努力だけでは解決しないのがストレスです。ストレスは溜め込まず、発散には十分な休息を取る事が大切ですが、時間のない忙しい方は、笑うだけでも副交感神経を優位にするために、ストレス発散には有効です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead