疲れが取れない方へ - いつでも好きな事ができる環境

慢性疲労の原因はいつでも好きな事ができる現代の環境

人間は自力で疲労を回復する力を備えた生き物で、かつての日本社会は疲れが貯まらない生活スタイルでした。しかし現代では、夜通し仕事に励むことも趣味に没頭することもできるようになり、それが慢性疲労の原因となっていると言えます。

夜通し仕事をする事も趣味に没頭する事もできる現代が慢性疲労の原因

先のページでもご説明したように、人間はそもそも自力で疲労を回復できる力をちゃんと備えている生き物です。

 

かつての疲れが貯まらない生活スタイル

 

いつでも好きなことができる環境

いつでも好きなことができる環境

原始時代や昭和初期くらいまでの日本人の生活スタイルを考えてみれば、多分「日が昇ったら目を覚まして、日が沈んだらしっかり眠る」という規則正しい毎日を送っていたのではないかと思います。

 

そのため、「疲れ」によって体を壊すこともなく、鬱などの心の病気を発症する事も少なかったともされています。

 

その後時代は流れ、日本は敗戦後、高度成長の時代を迎えました。

 

日本を元気にするために、日本を明るくするために、寝る間も惜しんで勉強したり、働く人が多くなりました。

 

そういった努力をしてくれた先人の方々のおかげで、日本人は真面目に働くという風潮が定着しましたし、テレビやゲーム、その他娯楽施設なども発達して、昼夜問わず好きな時に好きな事ができる時代になりました。

 

いつでも好きなことができる現代社会

 

そして現代。

 

私達には、沈んで昇る太陽のリズムはほとんど関係なくなってしまい、夜通し仕事に励むことも、夜通し趣味に没頭することもできるようになってしまいました。

 

先の「対応しきれない長期疲労へ姿を変え疲れが取れない状態に」でも触れましたが、疲労を脳に伝える信号を遮ってしまう状況に陥っている方も多くなってしまっていると指摘されています。

 

いつでも好きなことができてしまうために、疲労を修復する「睡眠」の時間をほとんど取っていない方も多いのではないでしょうか。

 

“それがいけない”と解ってはいても、それが実行できない「現代」そのものが慢性疲労の原因となっていると言っても良いでしょう。

 

慢性疲労については以下の解消法記事も参考にして下さい。

 

前のページ 次のページ
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

慢性疲労の原因はいつでも好きな事ができる現代の環境関連ページ

疲れが取れない原因に活性酸素が深く関係している
疲れが取れないと悩む方がとても多くなっています。休んでも何故か疲れが取れない、体がだるい、寝ても寝ても眠たい、やる気がでない…これらの症状が起こる原因の一つとして、活性酸素が深く関係しているということが解明されています。
対応しきれない長期疲労へ姿を変え疲れが取れない状態に
疲労物質は疲れの原因である活性酸素の動きで産生されますが、疲労物質の誘発で疲労回復物質も増加します。このメカニズムで疲れが取れない悩みは起こらない筈ですが、人が対応しきれない長期疲労へ姿を変え疲れが取れない状態に陥ります。
疲れが取れない原因の睡眠サイクルと体を冷す環境
疲れが取れない人の環境で、共通する原因が生活習慣です。睡眠サイクルが不規則になると、細胞の損傷に対する修復が追い付かず疲労の蓄積となります。また体が冷えると疲労物質が排出されにくくなり、脳自体が結果的に疲れてしまいます。
全て疲れに繋がる食生活の乱れと諸悪の根源のストレス
栄養の偏った食事、3食食べない、遅い時間の食事、早食いなどの食生活の乱れは、全て疲れに繋がります。また疲れにとってストレスは諸悪の根源とも言え、疲労物質が増えてさらに疲れるという悪循環に陥るなど様々な弊害をもたらします。
疲れを軽減するための規則正しい眠り・食事・体の保温
疲れを軽減するために生活習慣を改善しましょう。同じくらいの時間に寝付き時間帯に目を覚ます生活習慣を意識しましょう。また体を冷やさないように意識し、規則正しく3食食べる事を心がけ、難しい場合には疲れに良い食材を摂りましょう。
笑いは副交感神経を優位にしストレス発散し疲れを軽減
疲れが取れない原因で、自分の努力だけでは解決しないのがストレスです。ストレスは溜め込まず、発散には十分な休息を取る事が大切ですが、時間のない忙しい方は、笑うだけでも副交感神経を優位にするために、ストレス発散には有効です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead