疲れが取れない方へ - 環境と寝具を見直し快眠で疲れを取る / 寝床環境と体に合う枕

環境と寝具を見直し快眠で疲れを取る / 寝床環境と体に合う枕

私達が気持ち良く寝付いて快適な睡眠を手に入れるためには、寝室や寝床の環境を適切に整え、自分の体に合った枕を手に入れることが重要と言えます。特に寝床環境は私達の寝付きに、枕は眠りの質に大きく影響しています。

本能レベルのリラックスを手に入れ熟睡を

カテゴリー「 肌・触覚の疲れ 」内の記事でも触れましたが、私達が肌に感じる感覚=触覚は、本能レベルでリラックス状態へと誘う力があります。

 

1日のうちで最もリラックスしている必要がある就寝前には、本能から“気持ち良い”と感じて副交感神経を優位にできるように、眠る直前に肌に触れる寝具やパジャマの質にこだわるということも、疲れを取る為の重要なキーワードとなります。

 

まずは、寝具について見ていきたいと思います。

 

睡眠に必要な“寝具”とは、どういったものがあるでしょうか。

 

布団派やベッド派など、現在ではその就寝環境も様々となっていますが、大きく分けてみると、敷布団、掛け布団、枕、またベッド派とともに布団派の方でもマットレスを使用しているという場合も多いのではないかと思います。

 

快眠に最も重要な影響を与える寝床内環境とは

 

快眠に重要な寝床内環境

快眠に重要な寝床内環境

様々な寝床環境の中でも共通して気を付けたいポイントであるのが、“気持ちの良い寝室環境”を整えるということです。

 

「寝室環境」とは、寝室としている部屋の温度や湿度、照明や外光、またはテレビなどの音源といった“眠る”ことに影響を及ぼす因子のことを指します。

 

なかでも、私達が“今日はスムーズに寝付けたな”と実感できた際には、「寝床内温度」が大きな影響を及ぼしているのです。

 

この寝床内温度とは布団の中の温度のことで、季節や個人の好みによるところもあるのですが、一般的には温度は33℃、湿度は50%の状態が最適だと言われています。

 

夏は自分が熱過ぎて、または室温が高過ぎて、暑さのあまり寝付きが悪くなったという経験はありませんか?

 

また冬は布団の中が寒過ぎて、寝るに寝れないという経験をしたことがある方も多いと思います。

 

このように、寝床内温度は私達の寝付きに大きく影響する因子であるといえるのです。

 

枕が高いと呼吸がしづらくなる?

 

次に、実際に眠る時に使っている寝具についてです。

 

まずは枕についてです。

 

よく、「枕の高さが合わない」と話す方を見ることがあります。

 

枕の高さが自分に合っていないと、朝起きた時に首が痛かったり、寝付くときにもしっくりこず寝心地が悪くなってしまいますよね。

 

人が臥床した際には、敷布団と首の角度が約5度になることが理想といわれています。

 

また、枕の高さが合わないと呼吸もしづらくなってしまうようです。

 

最近では、オーダーメイド枕も非常に高い人気を集めていますよね。

 

至極の眠りを求めるならば、確かにとことんこだわりたいポイントと言えそうですね。

 

前のページ 次のページ

疲労回復お勧めグッズ


睡眠 : ネムリス-nemlis

ネムリス

筑波大学共同研究で開発された休息特許成分配合の睡眠サプリメントで、睡眠時脳波検証で初めて科学的効果が発見された休息実感92%の休息グッズです。体と心に優しい設計で、12種の休息快眠成分配合、バランス良いナチュラルな休息で夜はグッスリで朝はスッキリの睡眠を提供しています。



睡眠 : Suyatto ハーブの休息

ハーブの休息

24種類の天然ハーブエキスと2種類の休息アミノ酸を配合した、93%以上の人が効果を実感している休息ドリンクです。天然素材抽出で依存性などもなく安心です。配合のハーブには休息をサポートする素材の他に、冷えや美容にも良い素材が配合され、 カラダ全体から休息サポートに働きかけます。



入浴 : 薬用入浴剤DRアロマバス

薬用入浴剤DRアロマバス

天然エッセンシャルオイル配合で医師がブレンドした薬用入浴剤です。「スキンケア・ビューティー・正眠・フェリデローズ・プレミアム」の5種類があり、どれも入浴後のお肌をサラサラにしてくれます。上品な香りに包まれた入浴タイムが心も体もリラックス出来る時間となり疲れを癒します。
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

環境と寝具を見直し快眠で疲れを取る / 寝床環境と体に合う枕関連ページ

部屋の模様替えの良い眠りで疲労回復 / 眠りに効果的な色
寝室の家具やインテリアの色をリラックスできるものに替えることも質の高い睡眠を得るために重要です。鎮静効果のある青系を取り入れたり、圧迫感や警戒心を高めてしまうような家具は寝床の近くに置かないなど工夫しましょう。
寝具を見直し熟睡で疲れを取る / 大切な保温・保湿・放湿性
眠る時には布団を敷いたりベッドで寝たりと人によってその寝床環境は様々です。しかし、どんな寝具を選ぶにしても押さえておきたいポイントは共通しています。体に負担が無く、適切な保温性と保湿性、放湿性を持った寝具を選びましょう。
熟睡のための寝具とパジャマで疲労回復 / タイプに合う素材を
“パジャマを着る”という行動には、心身を休息モードに切り替えるという大変重要な役割があります。最近では部屋着とパジャマは一緒という方も多いようですが、睡眠の質に満足していない方は一度自分に適した素材を見直してみましょう。
疲れを取る深く良い眠りにはベッドか布団か / 各メリット
布団にもベッドにも、それぞれに一長一短のメリットデメリットが存在しています。手入れや部屋の環境ではなく、2つが持っている睡眠の質を高めるためのメリットについて考えてみました。お互いに、双方にはない良さを持っています。
疲れが取れず熟睡が出来ないのはベッドか布団か / 各デメリット
<ベッドのデメリットは柔らかすぎるマットレスによる腰痛の発症です。そして布団を使うことのデメリットもまた、体圧のストレスによる体の痛みです。住環境に合わせて適したアイテムを選択することが重要と言えそうですね。
眠りで疲れを取る為のマットレスと掛け布団 / お勧め寝具ショップ
生活習慣や環境を整えたら、最後は毎日使う寝具も見直してみましょう。自分の身体に合わせて形を変えるマットレスと、1年中使えて冷え性やアレルギーがあっても安心して使える掛け布団のショップをご紹介したいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead