熟睡のための寝具とパジャマで疲労回復 / タイプに合う素材を

自分のタイプに合ったパジャマに着替えて休息のスイッチを入れる

寝具の見直しシリーズ、“寝るときだけ”に身につけているであろう「パジャマ」についてです。

 

 

“パジャマに着替える”ことの役割とは

タイプで適する素材が違うパジャマ

タイプで適する
素材が違うパジャマ

以前は就寝時の衣類としてパジャマやネグリジェを着ていたという方も多かったかと思いますが、最近では『部屋着』として家の中にいるときの服装と、就寝時の服装が同じであるという方が増えているのではないかと思います。

 

そもそもパジャマとして就寝時に衣類を分けることについては、眠りにつく際に体を締め付けず、また睡眠中の汗を吸い取ったりムレを防ぐといった目的があります。

 

しかし、それよりも重要かつ大きな役割であるのが、“心身を休息モードにするためのスイッチを入れる”ということです。

 

それぞれの活動タイプによって適した素材は違ってくる

では、どんなパジャマを選べばいいのでしょうか?

 

一口にパジャマと言っても、気持ち良いと感じる触り心地にも個人差がありますし、睡眠中に汗をかきやすい人や寝相が悪くてはだけ易いというように様々なタイプの方がいるので、それぞれ自分のタイプに合った物を選ぶ必要があります。

 

ちなみに、「睡眠時間は短いけど目覚めはスッキリ、食欲旺盛で暑がり体質、普段からせっかちな方だ」という方は睡眠中も汗をかきやすいため、吸湿性の高いシルクや綿などの素材で生地も薄めのものがおすすめです。

 

また、「睡眠時間が長く朝も弱い、冷え性でネガティブかつインドア派」というタイプの方には“睡眠中体が冷えやすい”という特徴があるようです。

 

さらにこのタイプでは触覚が敏感な人が多いため、パジャマも肌触りを重視したフワフワ系が適していたり、保温性のあるシルクや厚みのある綿生地のパジャマを選ぶと良いそうです。

 

その時の体調に合わせてパジャマを選ぶ

とはいっても、これらの睡眠タイプは「1年中ずっと同じ」というわけではなく、季節によって変わったり、仕事の忙しさなどのライフスタイルによっても変化します。

 

ですので、そのときそのときの自分の調子を敏感に感じ取りながら、臨機応変に“現在のタイプに最も適したパジャマ”を身につけることによって、日々の疲労回復により効果的な睡眠を取ることができるのではないかと思います。

 

そう考えてみるとシルク素材は両方のタイプをカバーできるので、触感が嫌でなければオールシーズン対応できそうですね。

 

もし、「なかなかしっくりくるパジャマに出会えない」と悩んでいる方がいるならば、一度シルク素材のパジャマを試してみる価値はあるかもしれませんよ。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク