疲れが取れず熟睡が出来ないのはベッドか布団か / 各デメリット

どちらも使い方次第で体が痛くなる!快適な睡眠環境を作るには

続いてはそれぞれのデメリットについて、考えてみたいと思います。

 

 

マットレス選びが最も重要!ベッド眠るデメリットとは?

ベットと布団のデメリット

ベットと布団のデメリット

まずはベッドのデメリットについてです。

 

日々の寝具をベッドにすることで考えられる体へのデメリットは、“マットレスが柔らか過ぎることで逆に腰を痛める”原因になるという点ではないかと思います。

 

布団でしかもあまり厚みのないもので寝ていると、床が硬いために自分の身体との圧力がストレスとなって腰や体が痛くなった…という経験をしたことがあるという方も少なくないのではと思います。

 

なので反対に体が沈みこんでしまう程柔らかいマットレスを敷いたベッドなら腰痛とは無縁でいられる!と考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、マットレスが“柔らかすぎる”というのもまた、睡眠中の身体のカーブを理想的な形に保つことができず、腰痛を引き起こす要因となってしまうのです。

 

他にも、安価なベッドの素材によったり、自分で組み立てるタイプのベッドを使った場合に上手く組み立てられていないことによって「きしみ音」が発生することがあり、人によってはこの音が気になって眠りを妨げられるといったデメリットもあるようです。

 

多少の工夫が必要?布団で眠るデメリットとは

次は布団を使う際のデメリットについてです。

 

布団の最大のデメリットは、やはりベッドの寝心地に慣れている人にとって床で寝ると確実に体が痛くなるということだと思います。

 

それほど、体に合った適切な柔らかさ、体圧を分散させる機能のあるベッドマットレスは自分の重さを感じることなく熟睡することができます。

 

ですが、たとえ布団であっても敷布団を複数枚重ねてみたり、マットレスを敷いて床からの圧力を感じないようにすることで全く問題なく快適な眠りを得ることはできると思います。

 

ベッド派から聞こえる布団の不満はこれ1つですべて解決できちゃいます!

他にも、ベッド派から聞こえてくる布団のデメリットの中に、“布団は床や畳と密着しているので通気性が悪そう”とか、“毎日わざわざ上げ下ろしして押入れなどに片付けるのが面倒”といった声が聞かれます。

 

しかし、『それでもあの干した後の布団の香りは捨て難い!!』と悩んでいる方がいるならここでおすすめしたいアイテムがあります。

 

それは、「すのこベッド」です。

 

毎日使っている敷布団の下に折りたたみが可能なすのこを敷くのですのこベッドと呼ばれているのですが、これを使うことによって床や畳と布団の間に空気が通るようなるので、通気性の問題も解決できるのです。

 

また折りたたみ式になっているので、このすのこベッドに布団を乗せたまま半分に折りたたむことで布団を上げる手間を省くことができ、日中は窓際に置いておけば布団を干しておくこともできます。

 

ふとんの上げ下ろしが面倒だと思っていた方は、このすのこベッドを半分に折りたたんで家を出る前に窓際に立てておくだけで布団の片付けと干すという行為が一気にできるので、とてもおすすめの一品だと思います。

 

気になった方は是非、チェックしてみてくださいね。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク