疲れが取れない方へ - 眠りで疲れを取る為のマットレスと掛け布団 / お勧め寝具ショップ

眠りで疲れを取る為のマットレスと掛け布団 / お勧め寝具ショップ

生活習慣や環境を整えたら、最後は毎日使う寝具も見直してみましょう。自分の身体に合わせて形を変えるマットレスと、1年中使えて冷え性やアレルギーがあっても安心して使える掛け布団のショップをご紹介したいと思います。

快眠の最重要ポイントはやはり寝具!お勧めの寝具ショップ

これまで、いくつかの「快眠のためのポイント」をお話してきましたが、やはり熟睡するために最も重要なものと言えば、毎日使う寝具だと思います。

 

いくら、意識としてかなり眠たかったとしても、心地の良い布団や枕などの環境が整っていないと、中途覚醒を繰り返してしまったり、“寝ること”に集中できないのではないかと思います。

 

そこで、ここでは私がおすすめしたい寝具ショップをいくつかご紹介したいと思います。

 

オーダーメイド商品のように自分の身体に合うマットレス

 

トゥルースリーパー

トゥルースリーパー

まずは、マットレスについてです。

 

今まで布団派だったという方も、腰痛に悩んでいる、身体が痛くなるのをどうにかしたかった、と思っていた方はいませんか?

 

そんな方々におすすめしたいのが、ショップジャパンのトゥルースリーパーです。

 

トゥルースリーパー

 

テレビを見ていると通販のCMをよく見かけるのではないかと思うのですが、この商品は宣伝だけではなく実際に使用してみた方の反応もとても良い商品です。

 

このトゥルースリーパーは、宇宙飛行士のためにNASAが開発したと言われる低反発素材をヒントに開発された『ウルトラ ヴィスコエラスティック』という素材が使われています。

 

これは弾力性とともに復元力にも優れている素材なのですが、特に目を引く効果として“体圧や体温によっても反発力や形が変化する”という特徴があるのです。

 

このため、オーダーメードのマットレスのようにぴったりと身体にフィットして、特に体圧のかかりやすい肩や腰部分の圧を上手く分散させてくれたり、背骨が歪んだりしないように理想的な姿勢を保ってくれるという効果もあります。

 

このため、睡眠中の身体の痛みを感じることもなくなったり、起きた時の腰の痛みなども軽減されるようで、購入者の97%が満足している商品となっています。

 

しかもこのマットレスそのものは、日本国内で製造されているので安全面でもかなり安心できるポイントではないかと思います。

 

また、ショップジャパンではオリジナル枕も販売しているので、マットレスに満足できた際にはついでに枕も購入してみると、より快適な安眠を手に入れられるのではないかと思います。

 

トゥルースリーパー

 

敏感肌や赤ちゃんにも安心して使える!年中使える万能掛け布団

 

次に掛け布団についてです。

 

こちらについては、「肌・触覚の疲れに看護師からのお勧めのグッズ」でもご紹介した、眠りの専門店 my makuraの真綿掛け布団・まゆまゆがおすすめです。

 

とろけるシルクふとん まゆまゆ

 

特に、私のように慢性的な冷え性にお悩みの方には特におすすめなのです。

 

また、敏感肌やアレルギーを持っている方も安心して使う事が出来、夏はこれ1枚、冬はこの上にもう1枚掛け布団をかけることで1年中使うことができるので、良い買い物になると思います。

 

ちなみに、この眠りの専門店では完全オーダーメイドのマイ枕を作ってもらうこともできるので、枕にこだわりたい!という方にもおすすめできると思います。

 

良い眠りを得るために、“最も自分に合った寝具を選びたい”と考えている方は、是非チェックしてみて頂けたらと思います。

 

前のページ 次のページ
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

眠りで疲れを取る為のマットレスと掛け布団 / お勧め寝具ショップ関連ページ

環境と寝具を見直し快眠で疲れを取る / 寝床環境と体に合う枕
私達が気持ち良く寝付いて快適な睡眠を手に入れるためには、寝室や寝床の環境を適切に整え、自分の体に合った枕を手に入れることが重要と言えます。特に寝床環境は私達の寝付きに、枕は眠りの質に大きく影響しています。
部屋の模様替えの良い眠りで疲労回復 / 眠りに効果的な色
寝室の家具やインテリアの色をリラックスできるものに替えることも質の高い睡眠を得るために重要です。鎮静効果のある青系を取り入れたり、圧迫感や警戒心を高めてしまうような家具は寝床の近くに置かないなど工夫しましょう。
寝具を見直し熟睡で疲れを取る / 大切な保温・保湿・放湿性
眠る時には布団を敷いたりベッドで寝たりと人によってその寝床環境は様々です。しかし、どんな寝具を選ぶにしても押さえておきたいポイントは共通しています。体に負担が無く、適切な保温性と保湿性、放湿性を持った寝具を選びましょう。
熟睡のための寝具とパジャマで疲労回復 / タイプに合う素材を
“パジャマを着る”という行動には、心身を休息モードに切り替えるという大変重要な役割があります。最近では部屋着とパジャマは一緒という方も多いようですが、睡眠の質に満足していない方は一度自分に適した素材を見直してみましょう。
疲れを取る深く良い眠りにはベッドか布団か / 各メリット
布団にもベッドにも、それぞれに一長一短のメリットデメリットが存在しています。手入れや部屋の環境ではなく、2つが持っている睡眠の質を高めるためのメリットについて考えてみました。お互いに、双方にはない良さを持っています。
疲れが取れず熟睡が出来ないのはベッドか布団か / 各デメリット
<ベッドのデメリットは柔らかすぎるマットレスによる腰痛の発症です。そして布団を使うことのデメリットもまた、体圧のストレスによる体の痛みです。住環境に合わせて適したアイテムを選択することが重要と言えそうですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead