疲れが取れない方へ - 睡眠ホルモン=メラトニンの生活リズムと疲労回復 / 体内時計と光

睡眠ホルモン=メラトニンの生活リズムと疲労回復 / 体内時計と光

私達が夜眠くなったり、朝目覚めて活動モードに切り替えることができるのは、体内で分泌されるメラトニンの働きによるものです。そしてメラトニンは光の強弱で分泌を開始したり停止したりと調節されて体内時計を作っています。

規則正しい生活リズムを繰り返す体内時計の正体とは

私達の体の中には、「体内時計」と言われているリズムがあります。

 

普通に生活していると、太陽が沈んで暗くなってくると眠くなり、朝太陽が出ると起き出すというサイクルができていますよね。

 

しかし、現代では太陽が沈んでも街中ではいつまでもギラギラとまぶしい光を浴びることができますし、遮光カーテンを使えばどれだけ外が明るくてもうるさくても眠ることだってできてしまいますよね。

 

こうなってしまうと、体内時計も規則正しい生活リズムも崩壊してしまいます。

 

ところでこの体内時計、どのような仕組みで動いているのでしょうか?

 

睡眠のリズムを司るメラトニン

 

メラトニンの分泌で眠くなる

メラトニンの分泌で眠くなる

その答えは、「メラトニン」というホルモンです。

 

皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

なぜなら『睡眠』を語る上で、切っても切り離せないものだからです。

 

私達の身体は、光がなくなって暗くなってきたらこのメラトニンを分泌させて眠気を起こし眠る仕組みになっています。

 

そして、朝になって光を浴びるとこのメラトニンの分泌は止まり、身体が活動モードになって起床となります。

 

その後、メラトニンは起床から14〜16時間ぐらいすると体内時計からの指令で再び分泌され始め、 徐々にメラトニンの分泌量が高まって、その作用で深部体温が低下し、眠気を感じるようになっています。

 

室内照明程度の明るさでもメラトニンの分泌は減っていく

 

以前までは、メラトニンの分泌を止めるために必要な光は2500ルクス以上の強い光が必要と言われていました。

 

ちなみに晴天の日の室内窓際 ( 北側 ) で1,000〜2,000 ルクス程度とされています。

 

ところが、最近の研究では300ルクス程度の弱い光であっても、長時間浴びることでメラトニンの分泌が抑制されるということがわかってきました。

 

そして、一般的なリビングの明るさは500ルクス程度となっています。

 

なので、遅い時間にリビングに居続けているだけでも、メラトニンの分泌抑制はジワジワと体内で起こっているということになってしまいます。

 

また、このメラトニンは睡眠導入の他にも細胞の新陳代謝を促進する抗酸化作用があったり、疲れを取る作用もあるため病気の予防や老化防止などさまざまな効果を持つと考えられており、現在注目されているホルモンの一つとなっています。

 

前のページ 次のページ
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

睡眠ホルモン=メラトニンの生活リズムと疲労回復 / 体内時計と光関連ページ

睡眠ホルモンを分泌させ熟睡し疲れを取る / 体内時計を司る光
メラトニンは強い光に弱く、これはコンビニの店内照明や携帯電話のブルーライトも当てはまります。寝ようとしている直前にこれらの光を浴びると、メラトニンの分泌が止まり眠気は遠ざかってしまい、不眠症の原因にもなってしまいます。
生活リズムを再考し疲労回復を / 体内時計のリセットは1日1回
人に備わっている体内時計は、本来25時間周期となっています。自然界の周期は24時間なのでそもそも1時間程長くなっており、このため夜更かしや朝寝坊をしやすくなっているので、規則正しくずれをリセットすることが大切なのです。
疲労回復に最も適した睡眠時間 / 目覚めの良いタイミングを図る
私達が朝スッキリ目覚めるためには、レム睡眠の時に起きるのが最も効果的と言われています。睡眠サイクルはレム→ノンレム→レムと繰り返され、これを1サイクルとしているのでこれに合わせて起床時間を逆算してみると良いようです。
疲れを取る睡眠時間の考え方 / 眠りの意義を考えた最適な睡眠時間
睡眠の最大の目的は身体に溜まった疲れを回復させることです。ノンレム睡眠の際には大人でも成長ホルモンが放出され、組織や細胞の損傷の修復をする働きがあります。いつもより疲れがひどい時には、長い睡眠を欲するのかもしれませんね。
寝だめは疲れを取るか / 先取りは効果なく寝過ぎは不眠症の原因
仕事や学校が休みの日には、ついついやってしまいがちな寝だめ。2時間以内など短時間の適度なものは効果もあるようですが、やはりいつもより何時間も長い寝だめは体内時計のリズムを大幅に狂わせるため、控えた方が良さそうです。
寝だめは疲労回復に有効か / 私の看護師としての激務経験から
体内時計の規則正しいリズムの保持が重要であるという視点から、寝だめは極力避けるべきという専門家の意見。しかし、私は場合によって体が満足するまで寝だめすることも必要だと思っています。今回はその体験談、番外編です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead