戸外の運動で疲れを取る / 面倒な運動を楽しむちょっとしたコツとは

五感で景色や音を楽しむ!運動時間をリフレッシュタイムと捉える

ウォーキングについてもサイクリングについても、どちらも『ただ歩く、ただ漕ぐ』だけでは全くつまらないですし、継続もし難くなってしまいます。

 

そこで、ウォーキングやサイクリングの際にちょっとしたポイントに気を付けてみるだけで、ずいぶん楽しく時間を過ごせるのではないかという、筆者が見つけたコツを少しご紹介したいと思います。

 

 

普段気付かない隠れスポットや新たな発見をするための時間にする

戸外での運動を楽しむコツ

戸外での運動を楽しむコツ

歩いたりサイクリングをする際には、普段急いで通っている通学路や通勤路をすこしゆっくり通りながら、道のそばに咲いている花を見てみたり、季節によって変化する空の模様を観察しているだけでずいぶんその変化を楽しむことができるものです。

 

また、道のサイドをキョロキョロとしてみることで、今まで知らなかったお店を発見したり、自分だけのお気に入りの景色を見つけたりすることができると思います。

 

いつもの道でそういった発見ができたら、次のウォーキングでは少しルートを変えて1本隣の道を再び探検してみると、また新たな発見があったりして結構楽しく体を動かすことができますよ。

 

そうやって見つけたカフェなどがあったら、今度の休みにはゆっくり訪れてみようなんて新たな運動の予定を立てられたりしますよね。

 

少し空いた時間や買い物の時間を活用する

“自分一人だとなかなか体を動かす時間を作れないな”と思っているならば、日中仕事をしている方は夜ご飯を食べた後、「することがない、時間を持て余しているな」と思った時に、少しだけ頑張って腰を上げて外へ出てみてはいかがでしょうか。

 

主婦の方なら、日頃のまとめて済ますお買い物を少し分けて買うようにして、お買い物の行き来をウォーキングか自転車にしてみてはいかがでしょうか。

 

きっと、体も心も清々しい日々を手に入れられるのではないかと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク