現代社会での日常の疲れ

現代社会での日常の疲れ 記事一覧

疲れの原因をチェック
多岐に渡る疲れの原因 / 原因をチェックして要因を減らそう

私達は、日々を生きていく中で様々な役割や仕事を抱えていますよね。それは年齢や性別、職業などに関わらず、子どもでも大人でもすべての人々が何らかの仕事や役割を持っています。自分の為に時間が使えないとストレスになって疲れになっていく日々の疲れの原因を考えてみるそして、今の時代ではそれらの仕事や役割という個々の業務に加えて、さらに一人ひとりが『自分の時間』をより大切にする時代にもなっていると思います。そう...

続きを読む
仕事を休む
思い切って仕事を休む / 長期休暇は心身の疲れのリセットに重要

これは言うまでもないのですが、学生の仕事先は「学校」で、大人の仕事先は主に「職場」となるのではないかと思います。もちろん自宅で仕事をされている方もいらっしゃるでしょうし、専業主婦ともなれば24時間四六時中「職場」に居続けることになりますよね。そうなると余計に、ちゃんとした『休息の時間・休息の場所』が無いということになってしまいます。大人になると無くなってしまう定期的な長期休暇長期休暇で心身の疲れを...

続きを読む
仕事を休む・辞める
仕事を休む・辞める / 疲れで病気となり人生をダメにしないために

オーバーワークとなっているのに、または今の労働環境が過度のストレスとなっているのに、その現状を変えずに、ずっとその生活を続けていると必ずいつか、体に綻びが出てきてしまいます。生活を一変させる決断が必要な場合も心身の病で大切な人生をダメにしないそしてその綻びは、一時的に倒れたり、いずれ治る病気として起こることもあります。また、その後の人生において死ぬまで付き合わなければならない、健康だった頃とはどう...

続きを読む
親・家族を頼る
親・家族を頼る / 疲れた時は助けてくれる人にサポートして貰う

疲れているとき、体が限界を訴えている時はそれができたら一番良いと思います。ですが、近年の核家族化や地域孤立化が急加速的に進む中、そもそも本当に助けて貰いたいときに“助けてもらえる人”が近くにいるという人は、どれくらいいるのでしょうか。学生の時に助けを求めれるのは親か友達か先生か助けてくれる人がいるならサポートを頼む学生で悩みや疲れを抱えた場合、助けを求められる人は親か友達か、学校の先生という選択肢...

続きを読む
私の疲れをサポートした母
小学生の私の疲れをサポートした母とのエピソード / 私の実体験

管理人の思い出話になってしまいますが、私が小学生のある日、ある理由から学校に行きたく無くなり、母に悩みの内容を明かさず「学校に行きたくない」という形で疲れを表出したことがありました。小学時代の私の疲れをサポートしてくれた母小学生の私の疲れをサポートした母この時母は、夕方からのパート仕事をしていたので昼間は家にいて、じっくり私と向き合ってくれる余裕もあったと思います。そしてその時母は、学校に行きたく...

続きを読む
疲れた時に助けてもらえる人
疲れた時に助けてもらえる人にサポートを / 社会人・未婚の場合

近年の日本は核家族化が進み、高校生活が終了すると共に進学や就職で実家とは遠く離れた場所で新たな生活をスタートさせたり、新たな家庭を築くという方も多くなっています。また、最近では物騒な事件も急増していますので、やむを得ない事でもあるのですが、地域での家庭の孤立化というのも急速に進んでいるとも思います。このような社会背景の中で、本当に誰かに助けて貰いたい思ったとき、“助けてもらえる人”が近くにいるとい...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク