思い切って仕事を休む / 長期休暇は心身の疲れのリセットに重要

時間に追われて疲れる大人の毎日にしっかり休める時間と場所を

これは言うまでもないのですが、学生の仕事先は「学校」で、大人の仕事先は主に「職場」となるのではないかと思います。

 

もちろん自宅で仕事をされている方もいらっしゃるでしょうし、専業主婦ともなれば24時間四六時中「職場」に居続けることになりますよね。

 

そうなると余計に、ちゃんとした『休息の時間・休息の場所』が無いということになってしまいます。

 

 

大人になると無くなってしまう定期的な長期休暇

長期休暇で心身の疲れをリセット

長期休暇で心身の
疲れをリセット

学生の仕事である学校では“春休み”、“夏休み”、“冬休み”とこちらが希望をしなくても、しっかりとしたまとまった休みをくれます。

 

しかし、大人になってお給料を貰って行う仕事になると、休みの希望はこちらが提示してお願いしないと貰えなくなります。

 

また業種や職場によっては、どれだけ頼んでも休みを貰えないなんていう事例も多発しているというのが現状となっています。

 

もちろん、1週間以上の長期休暇なんて何年間のうちに何度あるか…というのが現実となっていることでしょう。

 

毎日の疲れやトラブルから一時的でも解き放たれる長期休暇

私自身学生の時も長期休暇は嬉しかったものですが、特に学校生活に何かしらの問題を抱えながらも無理して頑張っていたという人にとっては、その長期休暇はかなり効果的な息抜きや休息の時間となっていたのではないかと思います。

 

その数週間から1カ月程度の休みによって、嫌な事を忘れられたり、悩んでいたことを解決することができたり、ずっとやりたかったけれど出来なかった事を実行する良いタイミングとしていた方も多いでしょう。

 

なので大人になってからも、こういった長期休暇を取る事は、とても重要なことなのだと思います。

 

もちろん、学生のときよりは様々な問題を処理する能力も、受け流す能力もスキルアップしているはずなのですが、結局は一人の人間なのでいつかは『限界』がやってきてしまいます。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク