仕事を休む・辞める / 疲れで病気となり人生をダメにしないために

継続的に働いていては不可能な長期休暇取得を思い切って実行する

オーバーワークとなっているのに、または今の労働環境が過度のストレスとなっているのに、その現状を変えずに、ずっとその生活を続けていると必ずいつか、体に綻びが出てきてしまいます。

 

 

生活を一変させる決断が必要な場合も

心身の病で大切な人生をダメにしない

心身の病で大切な
人生をダメにしない

そしてその綻びは、一時的に倒れたり、いずれ治る病気として起こることもあります。

 

また、その後の人生において死ぬまで付き合わなければならない、健康だった頃とはどう頑張っても同じ行動ができなくなるというような現れ方のこともあるのです。

 

しかし、一般的な勤め人をしている場合には普通に長期休暇を取得することはほとんど不可能に近いでしょう。

 

そこで、肉体的にも精神的にも限界が近づいているなと感じた時には“思い切って仕事を休む”、“思い切って仕事を辞める”という勇気も必要となると思います。

 

人生において一番“何が大切なのか”を考えてみる

もちろん現在置かれている立場や責任の程度によって、そのような決断をすることが難しいという場合や、今仕事を休んだり辞めたりすることで失業となった場合に、次の職探しが難しくなるという懸念もあることでしょう。

 

また、今の仕事は大変だけど自分に合っている、大好きだから辞めたくはないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

それでも無理をし続けていれば、いずれは体や精神を病むことになってしまい、大好きな仕事どころか日々の普通の生活すらまともに送ることができなくなりかねないのです。

 

女性は過労やストレスでホルモンバランスの異常や不妊を招くことも

特に女性の場合には、日々の忙しさや人間関係のストレスなどによってホルモン異常が起こってしまい、妊娠希望などの場合には不妊を引き起こす要因になってしまうこともあります。

 

最近妊娠・出産のために思い切って仕事を休業されたある芸人さんが、思い切って仕事を休業して良かった事として、「嫌いな人に無理して会う必要がなくなったから、精神的なストレスを感じる機会が減った」と仰っていました。

 

そして、仕事のために時間に縛られる必要が無くなったので、自炊をしたり部屋の模様替えをしたりと、自分のやりたいことのために、好きなだけ時間を使う事ができるようにもなったということです。

 

もちろん、“何かをする為には必ずお金と時間”が必要なわけで、どちらかが無い場合には何もすることができないという現実もあります。

 

しかし、体や心が疲れているな、限界も近いかもしれないなという自覚が出てきた時には、思い切って今の日常を一変させてみる勇気も必要なのではないかと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク