疲れた時に助けてもらえる人にサポートを / 社会人・未婚の場合

社会人の疲れを確実に回復させるためには誰かのサポートが必要

近年の日本は核家族化が進み、高校生活が終了すると共に進学や就職で実家とは遠く離れた場所で新たな生活をスタートさせたり、新たな家庭を築くという方も多くなっています。

 

また、最近では物騒な事件も急増していますので、やむを得ない事でもあるのですが、地域での家庭の孤立化というのも急速に進んでいるとも思います。

 

このような社会背景の中で、本当に誰かに助けて貰いたい思ったとき、“助けてもらえる人”が近くにいるという人は、そもそもどれくらいいるのでしょうか。

 

 

社会人・未婚の場合にサポートを頼める人の選択肢とは

社会人の披露回復にはサポートが必要

社会人の披露回復には
サポートが必要

学生を卒業すると、次は仕事をするようになりますよね。

 

実家暮らしの場合には、家事などは親に甘えられることも多いため、悩みや疲れの原因も「仕事関係」である場合が多いのではないかと思います。

 

この場合、“家事や身の回りのことなどを毎日しなくても良い”という環境は、仕事以外の時間は休養や気分転換に集中できるというサポートを得られていると考えられます。

 

一方、実家を出て一人で生活をしているという中で疲れが蓄積してきた場合には、“仕事以外何もやる気が起きない…”と家事や身の回りのことを放置していると、ご飯は食べられないし洗濯物は溜まっていくし、家の中もゴミ屋敷になってしまう…という弊害が生じて来ます

 

実家が遠方の方の場合、気にかけてくれる友人や恋人などもいない状況となると、すぐには解決しない悩みや疲労の蓄積に加えて、自分でどうにかしないと最低限の生活すら維持できないことにまた、ストレスを感じて疲れの増幅に繋がってしまうと思います。

 

社会人・既婚の場合のサポートを頼める誰かとは

また結婚をしていて新たな家族があるという場合でも、子供の有無などによっても状況は変わってきます。

 

近くにそれぞれの実家があり、サポートを得られるのか。

 

夫婦がお互いにサポートし合う気持ちがあり、お互いの現状に理解があるのかないのか。

 

こういった環境の違いによっても、個々の疲労の溜まり方や量は全く違ってくるのではないかと思います。

 

いずれにせよ、人は心や自分自身に余裕がなくなってしまうと、余程の聖人君子でも無い限り、他の人に対して優しくなどできなくなってしまうものです。

 

それは、夫婦や家族の場合でも…です。

 

今の家庭の「当たり前」は、何かと心の余裕や自分自身の余裕を欠いてしまいがちな生活となってしまっています。

 

ですが、ふと“誰かに優しくしてもらいたいな”と思った時には、少し立ち止まって深呼吸をし、自分が『自分の心に余裕があるのか』、考えてみることも良いのかもしれません。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク