人にサポートが頼めない疲れ / 代行サービスを賢く活用する

頼れる身内や信頼できる知人がいなくても助けを求められる場所はある

前のカテゴリでお話してきたのは、共に生活する「誰か」や、身内や知人に助けを求めることを想定した場合でした。

 

 

自分で疲労回復しなくてはならないケース

代行サービスを利用し疲れを回復

代行サービスを
利用し疲れを回復

しかし、これまで助けを求めると想定した相手にも、仕事がありますし、生活があります。

 

そもそも「助けてあげたい」と思ってくれているのかどうかが分からず、助けを求めることそのものを躊躇することもあるかもしれません。

 

悲しいことのように思えますが、現代では多くの人が「自分の身は自分で守る」、「信じられるのは自分だけ」と思いながら生きる世の中になってきました。

 

ですが、これは詐欺や通り魔や殺人事件など、本当に自分の身は自分で守らなければ何が起こるか分からない世の中になってしまったことが原因なので致し方ありません。

 

代行サービスを上手く利用するのも疲れを回復するために大切

そんな中、自分一人では悩みや疲れを持て余したという時に、自分をサポートしてくれるのは何も身内や面識のある人だけではありません。

 

家事のサポートは代行業者がしてくれます。

 

買い物のサポートは宅配サービスがやってくれます。

 

子育てのサポートは保育施設や公的機関もしてくれます。

 

このように、現代に生きる私達に必要なサポートを「仕事」として担ってくれる人達がたくさんいるのです。

 

これらのサポート体制を上手く活用するのも賢いやり方であると思います。

 

もしも、心許せる誰かがいないという場合は、是非とも利用したいサポートシステムです。

 

賢く活用するようにしましょう。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク