お風呂の効果と疲労回復 / 全身浴は様々な疲労回復効果の宝庫

血流が悪く疲れやすい地球人類のための血流改善の救世主とは?

私達が日頃感じる「疲れ」とは、「 疲れが取れない原因に活性酸素が深く関係している 」でもご紹介しました脳や筋肉、臓器などが活動することによって生じる活性酸素や乳酸の蓄積が原因と言われています。

 

 

疲労物質が溜まりやすいかどうかは血流の良し悪しにあり!

入浴の血流改善効果で疲労が回復

入浴の血流改善
効果で疲労が回復

特に、脚がだるいとか、肩が凝った…というような局所的な疲れは、筋肉が活動することで産出された乳酸が原因であったり、同じ姿勢で活動し続けたために筋肉が収縮したまま固まってしまい、疲労物質を排出するポンプ作用が正常に機能していない状況となっています。

 

そこで、これらの問題を一気に解決してくれるのが、入浴による血行促進やマッサージ効果というわけなのです。

 

温かいお湯に浸かることで、温熱効果 ( 血行促進 ) と静水圧による全身マッサージ効果、浮力によるリラックス効果を得ることができ、これらの効果が相乗効果となって疲労回復に効果をもたらします。

 

全身浴は最も手軽な全身マッサージである!

私達のように、地球上の陸地での生活がメインとなっている生物には、睡眠中以外の間はずっと大きな“重力”がかかっているため、脚から心臓に向かう血流が阻害されがちになっています。

 

ですので、立ち仕事や1日中デスクに座りっぱなしの仕事をしている方などは、夕方になると脚のむくみがひどくなるという悩みを抱えている方も多いと思います。

 

しかし、ひとたび全身浴をするとそれだけですでに全身への水圧マッサージを行っていることとなり、脚に対してもポンプ作用が働いて、下肢の血流やリンパの流れを良くしてくれるというわけなのです。

 

加えて、体温上昇などによっても血流は促進され、より「体の巡り」がスムーズとなることで、体内の老廃物や疲労物質の排出が促進され、早期の疲労回復に繋がることになります。

 

地域の大衆浴場や温泉地もオススメ

また、温泉に浸かるというのも様々な効能を得ることができます。

 

温泉には様々な薬理効果や効能成分が含まれているので、それらを皮膚から吸収することで得られる効果がたくさんあるためです。

 

たまには、温泉旅行と銘打って緑いっぱいの景色の良い温泉宿に宿泊なんかしてみると、温泉による疲労回復効果だけでなく視覚からのリラックス効果も得ることができ、さらなる疲労回復に繋がるのではないかと思います。

 

“清潔保持のためだけの入浴”なんて思わずに、週に1回でもゆっくりお湯に浸かることを重要視してみてはいかがでしょうか。

 

活性酸素と疲れについては、以下の記事も参考にして下さい。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク