長風呂の時間がない・お風呂嫌いの方 / 疲れを取るお勧め入浴法

40度の湯に最低15分間肩まで浸かる全身浴+しばらくボーっとする

先程の『お風呂の効果』の項でお話したように、全身浴は最も手っ取り早く血流を促進できる便利な方法の一つです。

 

しかし、ただただ闇雲に“お湯に浸かればいい”というものでもありません。

 

入浴に割ける時間や、そもそもお風呂が好きかどうかというような好みによって異なる、効率的な入浴方法があるのでそれらをご紹介したいと思います。

 

 

長風呂する時間がない・お風呂が嫌いという方にお勧めの入浴法

15分間肩まで浸かりしばらくボーっと

15分間肩まで浸かり
しばらくボーっと

まず、「そもそも長風呂が嫌い」、「お風呂にそんなに時間が割けない」という方にお勧めの入浴方法です。

 

それは、40度くらいのお湯に“最低でも15分間、肩まで浸かる全身浴です。

 

できれば、毎日その15分間を確保してお湯に浸かることを意識できればいいのですが、生活リズムも不規則な方が多くなっている昨今、思い出した時、やれる余裕がある時だけでもいいと思います。

 

以下の、自宅で温泉の効能が楽しめる入浴剤を使用しての入浴もお勧めです。

 

ミネラルスパパウダー muku

 

しばらくの間ボーっとする

そして、15分間の全身浴をした後は少しだけ部屋を暗くして、しばらくボーっとしてみてください

 

何も意味のないように見える、この“ボーっとしている時間”で、実は更なる疲労回復が体内では進むことになります。

 

なので、15分間の全身浴と入浴後のこのボーっとする時間はセットです。

 

このお風呂上がりのタイミングだけは、仕事のことや明日のことを考えずにゆっくり過ごしてみて下さい。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク