ストレス解消には話の内容で相談相手を選ぶ / 歩み寄る努力

相談相手に自分から歩み寄る努力をすることも大切

ただ単に自分の悩みなどを人に聞いてもらっても、相手によってはストレスの解消とならないあ場合もあります。

 

 

人に相談してもストレスが解消できない場合も

ストレス相談の話相手に歩み寄る努力も大切

ストレス相談の話相手に
歩み寄る努力も大切

例えば仕事の深い悩みなどを全く職場と関係のない学生時代の友人に相談してみたとしても、相手は聞いていてあまり内容を理解できないでしょう。

 

また、時に思ったことをよかれと相手に伝えようとしても、全くの的外れであることもあり、相談した側は余計にイラッとしたり、悩みが解決しないといった結果になる可能性があります。

 

例えそうなったとしても、相談者に選んだ相手を責めるわけにもいきません。

 

しかし、かといって心にモヤモヤと悩み続けたり、ストレスを抱え込んでしまうことはさらに心身に良いことではなく、どんな形であれ少しでも吐きだしてしまうことは大変重要なことだと思います。

 

お互いがお互いを思い遣る…そんな関係を目指してストレスの種をつむ

ですので、そのとき抱えた悩みやぶつかった壁について話題を共有できる友人や仲間であったり、自分の性格や習性を良く理解してくれている親友など悩みが解決するであろう相手をチョイスすることも、早期のストレス解消や疲労回復に重要なポイントとなるでしょう。

 

恋人とのちょっとしたケンカなどの悩みなんかは、人によっては聞く事が苦痛だと感じる人もいれば、そういった話が大好物の人もいるものです。

 

これについては、自分自身も相手の好みや興味のある分野などを分析する力が必要となります。

 

こちらに歩み寄ってもらうばかりを考えるのではなく、自分も相手に歩み寄る努力をすることで良い関係性が築けるのではないかと思います。

 

そして、そんな悩みを受け止めてくれる相手とカラオケなどで大声を出して発散するなり、大好きな食べ物を一緒に食べながら愚痴を聞いてもらうなどして効率よく疲れが取れる時間を過ごせたらとても良いですね。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク