泣くことによるストレス解消や疲労回復効果 / 科学的に解明

嬉しくても悲しくても出る『涙』は流れるだけで人を癒してくれる

人が感じる感情には『怒・哀』というネガティブなものもあります。

 

中でも“哀”、つまり悲しい時には私達は涙を流して“泣き”ますよね。

 

しかし、皆様ももちろん経験があると思うのですが、私達人間は悲しい時だけではなく嬉しいときや、驚いたときなどにも涙を流して泣くことがあります。

 

人間というものは実に面白い生き物と言いますか、その反面複雑であるとも言える部分だなぁと思う所です。

 

 

ときには声をあげて号泣する事がストレスを解消する重要ポイント

泣く事はストレス解消や疲労回復に効果

泣く事はストレス
解消や疲労回復に効果

今回、疲労回復やストレス解消のために注目したいのは「感情的に泣く」という行動です。

 

泣く為の理由は本当に何でも良いのです。

 

例えその涙が辛いものであっても、反対に嬉しいものであっても“涙を流す”、“声をあげるくらい泣く”という事が自律神経をコントロールするためには非常に重要なことなのです。

 

この泣くことによるストレス解消や疲労回復への効果は、科学的に解明されています。

 

涙を流すことで副交感神経が優位になり、さらに興奮して号泣すると、血中のストレスホルモンがどんどんと減少していくというのです。

 

また笑った後と同様に、泣いた後もβエンドルフィンの分泌が増加される事も分かっているので、よりリラックスをすることができたり、痛みやストレスなどの不快な症状がある場合にはそれを軽減させることができるため、深く良質な眠りを誘発させる効果につながると言われています。

 

皆さんも悲しいとき、辛いとき、とても嬉しいことがあって泣いた時など、理由はどうであれたくさん泣いたその後はいつもなんだか“スッキリしているな”と感じませんか?

 

これは脳内で、ストレスを軽減させて快感を感じる作用を持つβエンドルフィンの分泌が増加したためというわけなのです。

 

なかなか泣きにくい日常の中で泣けるきっかけを作る

大人になると、なんだか泣くことが恥ずかしいことのように思えたり、泣いてしまうのは自分の弱さを認めて露呈しているような気がして変なプライドが出たりと、なかなか泣く機会も少なくなってしまうのではないかと思います。  

 

特に男の人なんて、簡単に泣いていては「男のくせに」なんて言われてしまうので、それこそおちおち号泣なんかできませんよね。

 

ですが、なかなか疲れが取れないと感じた時や何かストレスが溜まっているなと感じた時には、感動系のドラマや映画を見るなり、お酒の力を借りて泣き上戸になってみるなど、どんなことでも良いので、何かきっかけを見つけてたまには大泣きしてみるのも良いのではないかと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク