疲れが取れない方へ - 大声を出し怒り発散 / 怒るのもストレスも体に良くない

大声を出し怒りを発散 / 怒るのもストレスも体に良くない

怒ることには一つも身体に対して良いことがありませんが、しかし怒りやイライラを発散せず溜めこむと心身にとってかなりの悪影響となります。上手に怒りを発散する方法として、誰にも迷惑がかからない場所で大声を出すことをお勧めします。

誰にも迷惑がかからない所で大声を出し怒りを発散しストレスを解消

慢性疲労の状態が続くと、イライラして怒りっぽくなってしまう傾向があることも分かっています。

 

前ページでもお伝えしたように、このように、人が“怒る”ということには一つも身体に対して良いことがありません。

 

怒るのは体に良くないがストレスを溜めるのも良くない

 

大声を出して上手に怒りを発散

大声を出して
上手に怒りを発散

昔から、「気の長い人は長生きする」なんて言われることもありますが、これは他の人が怒ることで身体に負担をかけてしまっている分、なかなか怒らない人は、この負担が無いためと考えられるでしょう。

 

本当は、全く怒ることがないという状況が一番良いのですが、日本人の平均寿命80年程を生き続けていると、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

 

そして、その都度感じた怒りやイライラを発散することなく、どんどんと溜めこむと、むしろその方が心身にとってかなりの悪影響となるのは明白です。

 

ですので、いかに上手くその怒りの感情を排出させるかということが問題となってきます。

 

誰にも迷惑をかけずに上手に怒りを発散する方法とは

 

このとき、怒りの感情に任せて相手を攻撃したり、暴力をふるってしまうようなことは絶対にあってはいけません。

 

そこで効率的なイライラの発散方法として、「大きな声を出す」ということをおすすめしたいと思います。

 

大きな声を出すと、自律神経を刺激することができるため副交感神経に働きかけることができ、“イライラ”から徐々に“リラックス”へと気持ちを転換させることができるのです。

 

しかし、だからと言って家の中で大声を出していては、近所迷惑ですし最悪の場合通報されてしまうので絶対に止めてくださいね。

 

腹が立って仕方なくなったときには、カラオケやスポーツ観戦場、遊園地の絶叫マシンなど堂々と大声を出せる場所に移動してから存分に大きな声を出しましょう。

 

ときには海や山などで大声で叫んでみると、本当にスッキリすると思いますよ。

 

慢性疲労については、以下の記事も参考にして下さい。

 

前のページ 次のページ
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

大声を出し怒りを発散 / 怒るのもストレスも体に良くない関連ページ

笑っていられる環境を作る / 笑うだけで疲れとストレス解消
人には喜怒哀楽といった様々な感情が起こります。そして、感情といってもただ脳で感じるだけでなく身体全体にも様々な影響をもたらします。中でも「笑う」という行動は、脳や身体とって実に優れたストレス解消ツールとなります。
無理にでも毎日笑い習慣に / 笑いを身に付けストレスを解消
人は笑うことでストレスが解消されて疲労回復されるなど様々なメリットが得られます。疲れが取れない、心が晴れないと感じる人は自分が毎日笑っているかチェックしましょう。無理にでも笑うことを習慣にすれば、ストレス解消となります。
泣くことによるストレス解消や疲労回復効果 / 科学的に解明
人間は、楽しい時には笑って悲しい時には泣きますよね。しかし楽し過ぎる時にも私達は涙を流すことがあります。「笑う」と「泣く」は一見相反した行動ですが、実は現れる場面も身体に及ぼす疲労回復効果も共通する部分があるのです。
怒りは疲労とストレスになる / 寿命をも縮める怒りの感情
何か自分が納得できない出来事が起こったり、嫌な事をされると人は怒りの感情を表します。笑いや泣くという行動が疲れやストレスの浄化に役立つ一方で、怒るという行動は身体の負担にしかならないため、上手な排出方法が必要となります。
怒りは感情の蓋 / 怒りの奥にある本当の気持ちに気付く為に
怒りは感情の蓋と言われることがあります。怒りとして表出された思いの下に、悲しみや寂しさなど本当の感情が隠れているというものです。怒りの原因が自分でもよく分からない場合など、その奥にある本当の気持ちに気付くことが大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead