痩せている人は身体を動かすエネルギーが不足している

痩せていて筋肉がないと体を支える力が弱く立っているだけで疲れる

筋肉も適度な脂肪も殆どないくらいに痩せている人は、身体の関節を動かす筋力や体を支える筋力も弱く、立っているだけで疲れてしまっています。

 

 

身体を支える筋肉が大事

筋肉量不足で披露が蓄積する

筋肉量不足で披露が蓄積する

私たちが身体を動かすためには、筋肉が必要です。

 

痩せていても筋肉が充分についていれば問題はありませんが、筋肉がない場合には、身体を動かすエネルギーが足りません。

 

なかには筋肉が無さ過ぎて、立っているだけで疲れてしまう人もいます。

 

もしかしたら、立っているだけではなく座っているだけでも疲れてしまう人もいるかもしれません。

 

介護施設を利用している高齢者や病院に長く入院している人を見てみましょう。

 

身体を動かさなくなると、立って歩くことやベッドの上に座っているだけでも疲れてしまい、ベッドに横になってしまう人が多くみられますが、それは筋力が衰えているからです。

 

介護施設や病院は極端な例えではありますが、少し身体を動かすだけでエネルギーを使うため、痩せていて筋肉量が少ない人は疲れやすくなっています。

 

つまり、筋肉量の少ない人は身体を動かすためのエネルギーが足りないのです。

 

適度な脂肪も大事

痩せていて少し動いただけで疲れてしまう人は筋肉量が足りていません

 

身体を動かすだけでエネルギーの蓄えが切れてしまっているのです。

 

身体を動かすには筋肉が必要ですが、脂肪もエネルギーを蓄えるためには必要なものですので、適度な脂肪も必要です。

 

日本には“ふくよか”という言葉があり、昔は“ふくよか”な女性が好まれていた時代もありました。

 

“ふくよか”な女性は健康的で美しいという意味なのかもしれませんね。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク