疲れにくくなるためにウォーキングで脂肪を少しずつ落とそう

脂肪を少しずつ落とすことで身体を動かすことが楽になる

多くの脂肪が身体に付いていることで身体を動かすことが大変になりますし、関節を動かすことにも余分なエネルギーを使っているために疲れやすくなっています。

 

疲れにくい身体を作るためには、脂肪を少しずつ減らしていくことが大切です。

 

 

少しずつ運動をしていこう

ウォーキングから始め運動を習慣に

ウォーキングから始め
運動を習慣に

脂肪が多い人にしてみると激しい運動は苦痛でしかないでしょう。

 

脂肪を落とすためと言っても急に激しい運動や筋トレをしても、すぐに挫折してしまうことは目に見えていますし、長続きするはずもありません。

 

少しずつでもいいので確実に脂肪を減らしていくためには、軽い運動から始めていくことが継続していくための秘訣です。

 

始めは軽くウォーキングから始めてみるといいでしょう。

 

太っていて運動することに苦痛を感じている人ならば、初めから速足で歩いたり大きく腕を振ったりして汗をかくような歩き方はしなくてもいいです。

 

まずは外に出て“ウォーキングをする”という習慣をつけることから始めましょう。

 

初めから張り切って激しい運動をしてしまうと、自分が苦しいだけで次第に「ツラいから嫌だ」と思うようになってしまいます。

 

ツラい運動を急に始めるのではなく、ゆっくりでもいいので外に出てウォーキングをすることから始めて、習慣がついてきたところで歩くスピードを上げたり腕を振ってみたりと、徐々に身体に負荷をかけていくことで、運動を習慣化することができます。

 

無理なことはしない

運動にも自分のペースがあります。

 

運動が得意で毎日のようにジョギングをしている人と同じ運動を、運動嫌いの人が同じ運動をしようとしても無理な話です。

 

自分ができることから始めて、それができたところで次の段階に進み徐々に脂肪を落としていくことです。

 

少しずつ運動をして脂肪が落ちて来ると、身体を動かすことが太っていたときよりもラクになっていることを感じますし、運動を始めた当初よりも疲れにくくなっていることに気付くはずです。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク