代謝をよくして老廃物を外に出すことで痩せて疲れにくい身体に

太ってしまう原因は代謝が悪くて老廃物が排出されないことが原因

太っている人は標準体重の人よりも多くのエネルギーを使うことで疲れやすい身体になっています。

 

太っている原因のひとつとして代謝が悪く、リンパの流れも悪いために脂肪がつきやすい身体になっていることが挙げられます。

 

代謝が悪いということは脂肪がつきやすいだけではなく、疲れを溜めやすい身体でもあるのです。

 

 

リンパの流れが悪い

リンパマッサージで代謝を良くする

リンパマッサージで
代謝を良くする

最近のダイエット方法でリンパの流れをよくするための“リンパマッサージ”というものがあります。

 

リンパの流れをよくと老廃物が外出されやすくなる“デトックス効果”が期待できます。

 

リンパの流れをよくすることで代謝もよくなり、老廃物が外に出ることで脂肪も付きにくい身体になるのです。

 

さらには、老廃物を排出されることで血液などの循環がよくなって体内のエネルギー効率がよくなります

 

エネルギー効率がよくなることで疲れにくい身体にもなりますし、疲れても疲れが早く取れる身体になりますので、代謝をよくしていくことは大事なことです。

 

汗をかかない人は太りやすい

私自身が昔から汗をかかないタイプだったので、昔は汗をかかないことはオシャレを楽しむためには得なことだと思っていました。

 

しかし、オシャレを楽しむことができても身体に不調を感じることが多くあり、代謝の効果を知った時から「もっと汗をかきたい!」と思うようになりました。

 

“代謝が悪いと太りやすい”と知り、代謝をよくしてリンパの流れをよくすることで、デトックスをすることで太りにくい身体を作ることができました。

 

デトックスしていく経過で脂肪を減らすこともできましたが、それに伴って身体に疲れが溜まりにくくなっていることに気付きました。

 

老廃物を排出させたことでエネルギー効率がよくなって、疲れにくい身体になり、疲れが取れやすい身体になっていったのです。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク