疲れが取れない方へ - 女性の疲れ 年齢層別

女性の疲れ 年齢層別の特徴

女性の疲れの特徴を年齢層別に説明します。身体変化や人間関係の10代、体や心を壊しやすい20代、疲労が大きくなる30代、更年期障害と環境変化の40代、新たな問題の50代、夫在宅ストレス症候群の60代以上の特徴をお伝えします。

女性の疲れ 年齢層別の特徴記事一覧

女性・10~20代の疲れ / ストレスで疲労が蓄積する激動の世代


10~20代の女性のストレスと疲労

女性も10代から20代は激動の世代です。10代女性は、身体の変化や女性特有の人間関係のストレスで疲労が蓄積される場合があります。20代女性では、就職や結婚・出産で解消できない慢性疲労で体や心を壊しやすい年齢層と言えます。

≫続きを読む

 

女性・30~40代の疲れ / 家事仕事・更年期障害・環境変化で疲労


30~40代の女性の更年期障害と環境変化

30代の女性は一人で抱える疲労が大きくなるのが特徴で、特に仕事と家事の両方をこなす女性には疲労を回復する時間が持てなくなっています。40代の女性では、老化による更年期障害と環境の変化がストレスとなることが特徴と言えます。

≫続きを読む

 

女性・50~60代以降の疲れ / 新たな問題と夫在宅ストレス症候群


50~60代以降の女性の夫在宅ストレス症候群

50代を迎えた女性には余裕が生まれますが、中には親の介護問題や嫁姑問題という新たな問題がストレスとなる方もみえます。60代以降の女性は、ご主人が引きこもり型男性である場合、夫在宅ストレス症候群となってしまうことがあります。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead