疲れが取れない方へ - 女性・10~20代 / ストレスで疲労蓄積

女性・10~20代の疲れ / ストレスで疲労が蓄積する激動の世代

女性も10代から20代は激動の世代です。10代女性は、身体の変化や女性特有の人間関係のストレスで疲労が蓄積される場合があります。20代女性では、就職や結婚・出産で解消できない慢性疲労で体や心を壊しやすい年齢層と言えます。

10~20代女性の激動の世代での疲れ

10代から20代が激動の世代であるのは、男性に限らず女性も同じですよね。

 

身体変化や女性特有の人間関係でのストレスの10代の女性

 

疲労解消できず蓄積する10~20代の女性

疲労解消できず蓄積する
10~20代の女性

最近では女性の社会進出も推進され、女性でも大学進学やキャリアアップを念頭においた就職を目指しているという方もとても多くなっているのではないかと思います。

 

学生時代における疲れやストレスの内容は、男性とほとんど同じようなものになるのではないかと思うのですが、加えて思春期の女性というと、自身の身体の変化に伴うストレスや、女性特有の人間関係に10代の頃から悩むことも多くなるのではないかと思います。

 

さらに、高校生になると美容やファッションに興味を持ち始めることも多く、それらの欲求を満たすためにアルバイトをしているという人もいるため、学校生活とバイトの両立によって強い疲れを自覚しているという人も多いのかもしれません。

 

また、試験勉強や受験勉強のために夜更かしをすることも多くなり、10代という若い年代であっても、疲労が蓄積されてしまう生活習慣を送っている人も現代では多くなっていると言えるのではないかと思います。

 

解消できない慢性疲労で体や心を壊しやすい20代の女性

 

20代になると、就職する方が多い一方で早い人であれば、結婚・出産を経験する人も出てくる頃なのではないでしょうか。

 

職場では新人として、仕事や人間関係のストレスに悩むことも多くなり、“若いし新人だから!”と少しくらい疲れを感じていても、十分な休息は後回しで頑張ってしまうということも多くなるのではないかと思います。

 

そうして経験も重ねた20代後半では、今度は後輩の育成や中堅としての役割も要求されるようになって、仕事には慣れたにも関わらず急激に多くなる仕事の量に、疲労度も一気に増すこととなり、いつの間にかすぐには解消することのできない慢性疲労を抱えてしまっていた…という方も少なくないのではないでしょうか。

 

そんな中、20代後半といえば「結婚適齢期」と言われることも多く、結婚・出産を経験する人がじわじわと多くなる頃なのではないかと思います。

 

仕事でも責任が大きくなってきた頃に結婚・出産といった大きな環境の変化を迎えてしまうことによって、心身の疲れが一気に大きくなってしまい、自身の疲れのコントロールが全くできなくなってしまうことで体や心を壊してしまうという方も、決して少なくはないようです。

 

前のページ 次のページ
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

女性・10~20代の疲れ / ストレスで疲労が蓄積する激動の世代関連ページ

女性・30~40代の疲れ / 家事仕事・更年期障害・環境変化で疲労
30代の女性は一人で抱える疲労が大きくなるのが特徴で、特に仕事と家事の両方をこなす女性には疲労を回復する時間が持てなくなっています。40代の女性では、老化による更年期障害と環境の変化がストレスとなることが特徴と言えます。
女性・50~60代以降の疲れ / 新たな問題と夫在宅ストレス症候群
50代を迎えた女性には余裕が生まれますが、中には親の介護問題や嫁姑問題という新たな問題がストレスとなる方もみえます。60代以降の女性は、ご主人が引きこもり型男性である場合、夫在宅ストレス症候群となってしまうことがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead