仕事あり・なし / 興味を持ち行動する事が疲労回復に効果

仕事をしている・していないと疲れとの関係はケースバイケース

仕事、いわゆるお金の稼ぎ方には、最近では本当に様々な方法がありますよね。

 

 

仕事をしている・していないについて

興味を持てるモノが疲労回復に効果を

興味を持てるモノが
疲労回復に効果を

定職について、決められた時間を決められた時給・月給で働く方法。

 

自分が本当にやりたいことが自由にできるよう、会社を自分で設立し、自分の好きな働き方でお金を稼いでいるという方も、現在では意外と多いのではないかと思います。

 

他にも、不動産運営のみによって生計を立てるという生活の仕方は、少し前では定年後の収入源というイメージが強かったのですが、若い年代でもそういった収入の確保をされている方も少なからずいるようですし、投資家としてそれ一本で生計を立てているという方もどうやらいらっしゃるようです。

 

そして、これらの収入が発生する事を一切やっていない場合を「仕事をしていない」と定義してみましょう。

 

仕事と疲れの関係はケースバイケース

一括りに、「仕事をしているからストレスや疲れが大きい」とか、「仕事をしていないから何のストレスも発生しないし疲れることもない」のかというと、決してそうではないと思います。

 

働いていたって、好きな仕事を職場環境や同僚に恵まれてイキイキとこなしていれば、ストレスも少なく、疲れも適度に回復させながら充実した日々を送ることができるでしょう。

 

逆に反対に職場での人間関係に悩んでいたり、過剰労働などの問題がある職場であれば、ストレスも疲労も蓄積する一方となるでしょう。

 

働いていない人だって、「働けない事情」があってそのせいでストレスや肉体の疲労を常に蓄積しているかもしれないし、もちろん「働かなくても生活できる」から、何の心配もなく自由気ままに生活している人もいるかもしれませんよね。

 

興味が持てるモノを見つけて行動する

しかし、社会人になると「働くこと」が自分の存在価値を確認することにも繋がったり、ストレス発散の良い機会となることもあると思います。

 

何かを始めることや、ある程度の年齢になってから勉強をするということは、それはそれは大きな労力を伴いそれが疲れに繋がることもあるかもしれません。

 

ですが、仕事をしていなくて「何もしていないことに対するストレスや脳の疲労」を感じているという方は、自分が興味を持てる何かを見つけ行動してみることが、疲労の回復に効果を発揮するということになるのかもしれないですね。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク