目・視覚の疲れ / 筋肉が伸び縮みせず疲労物質が蓄積される

目の疲れは眼球筋肉の同姿勢の持続で血液循環が悪化し筋肉疲労で起る

現代社会では、テレビ・携帯・パソコン・タブレットといった、『液晶』類がいつでもどこでも至る場所で目に入ってきますよね。

 

また、仕事でどうしても1日中パソコンに向かわなければいけないという方もいるでしょうし、テレビやパソコン、スマホのゲームがとにかく大好きで、暇さえあれば画面に向かっているという方も少なくないかもしれません。

 

街中を見渡せば、多くの人がスマートフォンに食い入るように視線を向ける姿も、もう珍しい光景ではなくなってしまいましたよね。

 

 

目の疲れも筋肉の疲れによるもの

目の疲れは筋肉疲労で起る

目の疲れは筋肉疲労で起る

最近では、眼精疲労とかドライアイというような目のトラブルを抱えている人が多くなったような印象がありますが、そういった症状を訴える方々に共通する特徴を考えてみると、やはりそういった液晶を近距離で長時間見続けているという事が一つの原因となっているのではないかと思います。

 

そもそも、“目が疲れている”というのは『眼』の周辺にどのような変化が起きている状態の事なのでしょうか。

 

眼は、6本の筋肉が眼球に付いてそれぞれの動きを行うことで、その機能を果たしています。

 

筋肉は、本来伸びたり縮んだりすることで血液を循環させて適切な機能を果しているのですが、長時間同じ姿勢が持続したりすると、筋肉は伸び縮みすることがなくなり、血液循環が悪くなって疲労物質がそこに蓄積され筋肉疲労となってしまいます。

 

筋肉が動かないことで目の疲れに

そして、いわゆる『疲れ目』とは、この6本の筋肉が同じ位置で固定されてしまうことによって血流が悪くなり、疲れてしまった状態のことを指すのです。

 

また、水晶体と呼ばれる目のレンズの役割を担っている部分にも、その厚さを調節してピントを合わせる役割をする筋肉が付いているのですが、この筋肉も一定の距離を見続けるというように動きのない状態が長く続くとそれが負担となり、疲れてしまいます。

 

これらの筋肉に共通することは、眼球が長時間同じ位置で動かないことによって筋肉疲労を起こしてしまうということであり、結果、人が目の疲れを自覚するようになるというわけなのです。

 

やはり、「目が疲れる」という現象を引き起こす大きな原因はパソコンや携帯などの画面を長時間見続けることによる“目の使い過ぎ”と言えるのではないかと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク