目を休ませる / 遠くや自然色を見てリラックスするのが効果的

目の周りの筋肉をほぐすために遠くを見たり自然色を見てリラックス

皆さんは、目に関してどのような症状を感じたとき「目が疲れているな」と意識するでしょうか。

 

 

目を休ませてあげることを意識する

遠くや自然色を見てリラックス

遠くや自然色を見て
リラックス

  1. 目がショボショボしてきた…
  2. 目の渇きが尋常じゃなくなってきた…
  3. なんとなく頭が痛くなってきた…
  4. 肩が凝ってきた気がする…
  5. 吐き気がしてきた…

などなど、目の疲れを自覚するきっかけには多くの症状が挙げられるのではないかと思います。

 

人間が得る刺激の80%もの情報を拾い続けている目ですが、それほど酷使されている器官であるからこそ、しっかりリラックスさせてあげる必要があり、なによりも酷使をさせている自分自身が“目に休んでもらう”ということを常に意識しておいてあげなくてはいけないのではないかと思います。

 

効果のある遠くの景色や自然色を見ること

長時間のデスクワークやメディア視聴などを行ったあとには、固まってしまった目の周りの筋肉をほぐしてあげるためにも、遠くを見たりすることで筋肉を動かして、筋肉の緊張を和らげてあげることも疲れを取るために大きな効果を発揮します。

 

さらに緑や青といった自然色を見ることが心身のリラックスに大変効果があるということも、科学的に証明された事実となっています。

 

心身がリラックスするということは、目の筋肉もリラックスするので疲労回復につながるというわけなのですね。

 

いつも液晶の画面や新聞・雑誌のような膨大な情報ばかりを見続けている目に、たまには情報量の少ない、心身に良い影響を及ぼしてくれる物を“映す”ということが、実はとても重要な疲れの取り方なのかもしれませんね。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク