早く目の疲れを取る / 温める・マッサージ・目に良い成分を摂取

目を温め血行を良くする・マッサージをする・目に良いものを摂取する

たくさん働いてくれている目をゆっくり休ませてあげる方法は前ページ「 目を休ませる / 遠くや自然色を見てリラックスするのが効果的 」にもご紹介したのですが、仕事の合間などにどうしても「すぐに目の疲れを取りたい…」と思うこともよくありますよね。

 

そんなときにすぐに実践できる、お勧めの方法をご紹介したいと思います。

 

 

目を温める

温めてマッサージし目に良い成分を摂る

温めてマッサージし
目に良い成分を摂る

まずは、目を温めて筋肉や目の周りの血行を良くすることです。

 

一定の距離や、パソコンなどを長時間見続けることは、「目・視覚で疲れてしまう具体例」でもお話したように、目の機能を司る筋肉が筋肉疲労を起こしてしまいます。

 

筋肉は伸び縮みすることで血流を保っているのですが、その動きがないことで目の周りの筋肉の血流が滞ってしまっているのです。

 

そのため、温めることで血管を拡張させ血の流れを良くしてあげることで、血流がよくなります。

 

目の周囲をマッサージする

また、同じ効果を得るために目の周囲のマッサージも効果的だと思います。

 

目の血流を良くするツボとして風池 ( ふうち ) と呼ばれる場所があります。

 

この風池は、後頭部の頭蓋骨と頚骨がぶつかるところのくぼみと耳の下を結んだ中間点のあたりにあります。

 

ここを、左右同時に5秒間押して離すを5回繰り返します。

 

他にも、耳たぶにある眼点というツボや、目頭にある晴明(せいめい)というツボ、こめかみにある太陽というツボも、目の疲労回復に効果があると言われています。

 

食事やサプリで目に良いものを摂る

さらに、日頃から食事やサプリによって目に良いものを摂取することを心がけるというのも、慢性的な目の疲労を招かない良い方法だと思います。

 

目に良い成分として知られているのは、ビタミン類やカルシウム・亜鉛といったミネラル、鮭などに含まれるアスタキサンチンやブルーベリーに豊富に含まれているアントシアニンなどがあります。

 

これらの成分が豊富に含まれている食材を積極的に取ることを意識したり、なかなか十分な量を摂取することが難しそうなものについてはサプリメントなどで適宜補給するのも効果的なのではないかと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク