早く耳の疲れを取る / ゆったりとした音楽鑑賞と音の遮断

早く耳の疲れを取るゆったりとした音楽と音のシャットアウト

日頃から酷使し過ぎて、疲労させ続けている耳ですので、できることなら毎日しっかりと、その疲れを取ってあげたり、回復させてあげたいですよね。

 

しかし、私達が起きて活動を続けている間は耳栓でもしない限り、途切れることなく様々な音という情報を耳は拾い続けています。

 

 

スピーカーでゆったりした音楽を聴く

音楽と音の遮断で耳の疲れを取る

音楽と音の遮断で
耳の疲れを取る

では、そんな耳が少しでも疲れを感じない方法や、早く疲れを取る方法とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

まずは、耳と共に常に音という電気信号を受信し続けている脳を休ませてあげる、リラックスさせてあげる方法も非常に効果的です。

 

脳は、ゆったりとした音楽を5分ほど聴くだけでも、十分リラックスするということが分かっています。

 

このとき、イヤホンなどで聞くよりもスピーカーを使って聞く方が、3分間で4倍も耳に優しいということです。

 

理由は、イヤホンを使用しているときの脳における酸素消費量が、スピーカーを使って聞いた場合の4倍もの数値になってしまうためです。

 

音の刺激を一切なくす

次に耳そのもの、特に有毛細胞の疲れを回復させる方法です。

 

有毛細胞の疲れを取る、回復させるために最も早く効果的な方法は、やはり「刺激を極力与えないこと」だと思います。

 

ですので、夜布団に入る際にはテレビや音楽、ラジオといった音の情報は消してしまって、音をシャットアウトする方が良いです。

 

眠る前にそういった音を聞いたりスマートフォンの光などを見ると、脳が活性化してしまって寝付きにくくなるとも言われているので、眠りたいのになかなか寝付けないというようなトラブルに繋がってしまうことにもなってしまいます。

 

一般的に、“耳を8時間休ませると、有毛細胞の疲れは取れる”と言われています。

 

現代の生活スタイルでは毎日8時間の睡眠時間を取ることは難しい人の方が多いかもしれませんが、それくらいを意識してできるだけ休息できる時間を取れるようにしてみてはいかがでしょうか。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク