疲れが取れない方へ - 肌・触覚の疲れ

肌・触覚の疲れ

肌の触感は人間の五感の中でも、最も繊細とされています。好みの感触を把握し健康的な肌を保つことはストレスを感じず疲れを貯めないために大切なことです。肌・触感による疲れの特徴、原因、またお勧めの対策方法などをご紹介します。

肌・触覚の疲れ記事一覧

肌・触感の疲れ / 最も繊細で不快感の感度が鈍くなる感触


鈍くなる不快感の感度

肌で感じる触感は人の五感の中で最も繊細で、同時に不快感に対する感度が鈍くなる感触とされています。不快感の我慢は蓄積され疲労となる可能性があるので、自分の好みの感触を把握することや、ストレスとならないお肌の手入れが大切です。

≫続きを読む

 

肌・触感の重要性 / 心地よいリラックス状態が質の良い眠りに


リラックス状態と質の良い眠り

肌の触感は脳が覚醒状態であるレム睡眠でも働いているので、心地良いという本能を開かせておくための、寝具の肌触りは大切です。人の体では温もりや安心感で副交感神経が優位になり、リラックス状態を得られて質の良い睡眠となります。

≫続きを読む

 

肌・触覚でリラックス / 完全なストレスフリーな状況の睡眠で


ストレスフリーな状況の睡眠

肌の触覚でリラックスするためには、緊張を誘発する事象がないことが最も重要です。日中の時間では完全なストレスフリーな状況となるのは困難ですので、身も心も本当に休息できる睡眠の際に触覚から心地よさを感じることが大切となります。

≫続きを読む

 

肌をリラックスさせる / 柔らかい寝具とパジャマと心理状態


柔らかい寝具とパジャマ

ある実験によると、固い寝具より柔らかい寝具、またマットレスよりパジャマの柔らかさが質の良い眠りの要因となる副交感神経の活性化に良いという結果が出ています。また肌や体の調子には心理状態が大きく作用することも知られています。

≫続きを読む

 

肌・触覚で疲れを取る / 抱擁ホルモンとも呼ばれるオキシトシン


抱擁ホルモンのオキシトシン

肌の触覚を利用し疲れを取る方法として、脳の疲労を取り除くオキシトシンをご紹介します。オキシトシンは誰にでも分泌されるホルモンで、眠りにつきたくなる感覚になり、良好な関係の相手との接触で放出される抱擁ホルモンとも呼ばれます。

≫続きを読む

 

肌・触覚の疲れに看護師からのお勧めのグッズ


眠りの専門店 my makura

肌や触感による疲れ対策に看護師として私がお勧めするグッズは寝具です。疲れの回復に必要な睡眠の際に触れる寝具は、自分の身体や好みに合っていないと質の高い眠りを得ることができません。お勧めの寝具ショップをご紹介します。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead