肌・触覚でリラックス / 完全なストレスフリーな状況の睡眠で

肌の触覚でリラックスするには緊張を誘発する事象がないことが重要

心地良いという『触覚』は、精神状態を安定させ、本能レベルでリラックス状態に誘ってくれるという注目の働きがあります。

 

肌に何かが触れて、“気持ち、心地良い”と感じる場面には、毎日身につける衣類や、睡眠時の寝具が最もその頻度も高いのではないかと思います。

 

 

完全なストレスフリーな睡眠

ストレスフリーな睡眠とマッチした寝具

ストレスフリーな
睡眠とマッチした寝具

他にも、子どもであれば両親と触れあう時や、大人になれば自分が最も心を開ける友達や、パートナーと触れあう際にも、そういった気持ちになれる場面もあるかと思います。

 

しかし、触覚を通してリラックスするためには、自分が置かれている環境に“緊張を誘発する事象”がないことが最も重要になります。

 

日中活動している間、学校生活や仕事をしている時間帯には、大小関わらず毎日必ず何かしらのストレスが発生してしまうのが、現代ではもはや当たり前となっていると思います。

 

自分の身の回りに気を抜けない緊張状態があったり、ストレスにさらされている状態では、いくら着心地の良い衣類を身につけていたとしても、“気持ち良い、心地良いからストレスが軽減される”なんて思っている余裕もなくなってしまいますよね。

 

ですので、本能に働きかける『本当のリラックス』を得るためには、やはり睡眠という身も心も本当に休息できるタイミングで、ゆったりとした気持ちの時に加えて触覚から心地よさを感じることが大切なのではないかと思います。

 

自分にマッチする寝具と肌の調子

また、自分が気持ち良いと思える肌触りの寝具を用いることが眠りの質を大きく左右するということも明らかになっています。

 

現在の寝具にあまり満足していないな…と心当たりのある方で、なかなか納得のいく睡眠が取れていないと感じている場合には、思い切って身の回りの寝具を変えてみると、疲れの取れ方も大きく変わってくるかもしれません。

 

さらに、自分の肌の調子を整えることも、リラックスの度合いを高めるといわれています。

 

また、体をさすったりマッサージをすることも、筋肉の緊張を緩和して副交感神経を優位にするのでリラックスに効果的です。

 

日頃から疲れが取れにくい、なんだか肌の調子も良くないと感じている方は、少しだけ肌に良いと言われる食生活を意識してみたり、たまにはちょっぴり手間をかけて、フェイスパックやオイルボディマッサージなどをしてみると、グッと疲労回復に効果を感じられるかもしれませんよ。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク