疲れが取れない方へ - 肌・触覚の疲れにお勧めのグッズ

肌・触覚の疲れに看護師からのお勧めのグッズ

肌や触感による疲れ対策に看護師として私がお勧めするグッズは寝具です。疲れの回復に必要な睡眠の際に触れる寝具は、自分の身体や好みに合っていないと質の高い眠りを得ることができません。お勧めの寝具ショップをご紹介します。

疲れの回復に必要な睡眠のための寝具を身体や好みに合わせる

アメリカの大学が行った研究によると、人間は「ザラザラ」のような触感の悪いものをさわることによって、活力が下がり社会性が低下するということがわかっています。

 

疲労回復グッズの寝具

 

このように、肌が触れる素材の触り心地は、人体の内外に大きな影響を及ぼします。

 

ですので、肌・触感の疲れを取るためにはやはり、自分が「気持ち良い・心地良い」と思える肌触りの物を揃えることが重要だと思います。

 

中でも、1日がかりで蓄積した疲れをしっかり回復させることが必要な『睡眠』の際に触れる寝具は、自分の身体や好みに合っていないと質の高い眠りを得ることができません。

 

このため、私がお勧めする疲労回復グッズは寝具です。

 

最近では体を計測したり寝心地を確認した上で、世界で一つだけの自分にぴったりのマイ枕を作ってくれるお店やサービスもたくさんあります。

 

お勧めのまくら専門店

 

眠り専門店 リビングインピース

眠り専門店 リビングインピース

枕など眠りに関する専門店「リビングインピース」は、

 

自分にピッタリの「セルフィット枕」

 

寝返りに強い「ねがえり枕」

 

いびきに強い「いびき枕」

 

など、全て日本製のまくらで快適な睡眠をサポートする専門店です。

 

快適な睡眠 リビングインピース

 

お勧めの真綿掛け布団

 

また「眠りの専門店 my makura」の真綿掛け布団「まゆまゆ」もお勧めです。

 

とろけるシルクふとん まゆまゆ

 

この掛け布団は、保温性や吸湿性・放湿性に優れていて、たんぱく質を成分とする繭糸から作られており、アミノ酸を含み皮膚細胞を活性化させる作用のある真綿が使われている商品です。

 

保湿性も高いので、毎日これを使って眠るだけで体の冷えが取れ、冷え性にも効果があるということです。

 

さらに、シルクは夏は涼しく冬は暖かいという性質を持っているため、オールシーズンで心地よい眠りをサポートしてくれます。

 

肌触りがとてもいいので寝付きも良く、睡眠中の体温管理がしっかりできるので、深くてしっかり疲れの取れる良質の眠りを確保でき、疲れからくる肌荒れの改善にも効果あるということです。

 

また、真綿は長繊維のため糸切れが起こりにくく、ホコリが出にくいため衛生的で、ハウスダストなどのアレルギーに悩んでいる方やアレルギーを持っている赤ちゃんの寝具に悩んでいるという方にも、大変オススメのアイテムと言えるのではないかと思います。

 

前のページ 次のページ

疲労回復お勧めグッズ


睡眠 : ネムリス-nemlis

ネムリス

筑波大学共同研究で開発された休息特許成分配合の睡眠サプリメントで、睡眠時脳波検証で初めて科学的効果が発見された休息実感92%の休息グッズです。体と心に優しい設計で、12種の休息快眠成分配合、バランス良いナチュラルな休息で夜はグッスリで朝はスッキリの睡眠を提供しています。



睡眠 : Suyatto ハーブの休息

ハーブの休息

24種類の天然ハーブエキスと2種類の休息アミノ酸を配合した、93%以上の人が効果を実感している休息ドリンクです。天然素材抽出で依存性などもなく安心です。配合のハーブには休息をサポートする素材の他に、冷えや美容にも良い素材が配合され、 カラダ全体から休息サポートに働きかけます。



入浴 : 薬用入浴剤DRアロマバス

薬用入浴剤DRアロマバス

天然エッセンシャルオイル配合で医師がブレンドした薬用入浴剤です。「スキンケア・ビューティー・正眠・フェリデローズ・プレミアム」の5種類があり、どれも入浴後のお肌をサラサラにしてくれます。上品な香りに包まれた入浴タイムが心も体もリラックス出来る時間となり疲れを癒します。
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

肌・触覚の疲れに看護師からのお勧めのグッズ関連ページ

肌・触感の疲れ / 最も繊細で不快感の感度が鈍くなる感触
肌で感じる触感は人の五感の中で最も繊細で、同時に不快感に対する感度が鈍くなる感触とされています。不快感の我慢は蓄積され疲労となる可能性があるので、自分の好みの感触を把握することや、ストレスとならないお肌の手入れが大切です。
肌・触感の重要性 / 心地よいリラックス状態が質の良い眠りに
肌の触感は脳が覚醒状態であるレム睡眠でも働いているので、心地良いという本能を開かせておくための、寝具の肌触りは大切です。人の体では温もりや安心感で副交感神経が優位になり、リラックス状態を得られて質の良い睡眠となります。
肌・触覚でリラックス / 完全なストレスフリーな状況の睡眠で
肌の触覚でリラックスするためには、緊張を誘発する事象がないことが最も重要です。日中の時間では完全なストレスフリーな状況となるのは困難ですので、身も心も本当に休息できる睡眠の際に触覚から心地よさを感じることが大切となります。
肌をリラックスさせる / 柔らかい寝具とパジャマと心理状態
ある実験によると、固い寝具より柔らかい寝具、またマットレスよりパジャマの柔らかさが質の良い眠りの要因となる副交感神経の活性化に良いという結果が出ています。また肌や体の調子には心理状態が大きく作用することも知られています。
肌・触覚で疲れを取る / 抱擁ホルモンとも呼ばれるオキシトシン
肌の触覚を利用し疲れを取る方法として、脳の疲労を取り除くオキシトシンをご紹介します。オキシトシンは誰にでも分泌されるホルモンで、眠りにつきたくなる感覚になり、良好な関係の相手との接触で放出される抱擁ホルモンとも呼ばれます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead