疲れが取れない方へ - 嗅覚の疲れ / 匂い慣れは危険サイン・嗅覚疲労

嗅覚の疲れ / 匂いの慣れは危険サイン!?身近な嗅覚疲労とは

人には、あるニオイを嗅ぎ続けているうちに次第に感じなくなるという嗅覚の順応=嗅覚疲労が起こります。短期的な嗅覚疲労はそのうち回復するのですが、長期的になったりニオイが強かったりすると回復することなく機能の低下を招きます。

嗅覚の疲れのシグナル“嗅覚疲労”が怖いワケ

皆さんには、今までと違う空間や場所に移動したときに“臭い”と思ったり、“良い匂いがする”と思った際に、その数分後や数時間後には最初の違和感が無くなっていて、その場所を離れて再び戻った時に、もう一度最初と同じニオイの違和感を覚えたという経験はありませんか?

 

人はニオイに順応する!

 

嗅覚疲労で危険が感知できなくなる

嗅覚疲労で危険が
感知できなくなる

これは、その場所の空気中には確かに持続的に同じニオイ成分があるはずなのに、鼻が慣れてしまって次第にそのニオイを感知しなくなっているからなのです。

 

私達人間には、同じニオイを長く嗅ぎ続けていると段々と感じ方が弱まるという現象が起こります。

 

これは「嗅覚の順応」と呼ばれています。

 

自分の体臭や、自分の好みの強めの香水の匂いが気にならないという状態は、“そのニオイ”に対して順応が起こっているのです。

 

その“慣れ”は実は鼻からのSOSだった?

 

そして、この順応は同時に「嗅覚疲労」とも呼ばれます。

 

他の視覚や聴覚、触覚などの感覚器についても「慣れ」による感受性の低下は起こり、それらは「感覚疲労」と呼ばれるのですが、中でも嗅覚は特に疲労しやすい感覚といわれています。

 

この嗅覚疲労については、不快なニオイを嗅ぎ続けることによって受ける精神的ストレスを少しでも軽減するための本能的な防衛反応であるという一説もあります。

 

それでもあるはずのニオイを感知しなくなるのですから、嗅覚は「疲れた!もう嗅ぎたくない!」とシグナルを出していると言えるでしょう。

 

長期疲労は要注意!危険を感知できなくなる可能性も

 

一般的にこの嗅覚疲労は、そのニオイが無くなれば疲労に要した時間と同程度の時間で回復するとされています。

 

しかし、強いニオイや不快なニオイを嗅ぎ続けて嗅覚疲労が頻繁に起こるようになると、その機能は次第に回復しなくなって感度が低下したり、いくら強いニオイであっても全く感知できなくなってしまうこともあるのです。

 

もしもストレスを誘発するようなニオイや体に有害な臭いであった場合、嗅覚疲労によってそれらが感知できなくなってしまっては、実際に健康に影響が及ぶなどの実害となってしまい、疲労だけでなく病気の原因にもなってしまいます。

 

順応が起こりやすい感覚だからこそ、機能の低下が起こらないよう十分な注意が必要な感覚器であると言えるのではないかと思います。

 

前のページ 次のページ

疲労回復お勧めグッズ


睡眠 : ネムリス-nemlis

ネムリス

筑波大学共同研究で開発された休息特許成分配合の睡眠サプリメントで、睡眠時脳波検証で初めて科学的効果が発見された休息実感92%の休息グッズです。体と心に優しい設計で、12種の休息快眠成分配合、バランス良いナチュラルな休息で夜はグッスリで朝はスッキリの睡眠を提供しています。



睡眠 : Suyatto ハーブの休息

ハーブの休息

24種類の天然ハーブエキスと2種類の休息アミノ酸を配合した、93%以上の人が効果を実感している休息ドリンクです。天然素材抽出で依存性などもなく安心です。配合のハーブには休息をサポートする素材の他に、冷えや美容にも良い素材が配合され、 カラダ全体から休息サポートに働きかけます。



入浴 : 薬用入浴剤DRアロマバス

薬用入浴剤DRアロマバス

天然エッセンシャルオイル配合で医師がブレンドした薬用入浴剤です。「スキンケア・ビューティー・正眠・フェリデローズ・プレミアム」の5種類があり、どれも入浴後のお肌をサラサラにしてくれます。上品な香りに包まれた入浴タイムが心も体もリラックス出来る時間となり疲れを癒します。
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

嗅覚の疲れ / 匂いの慣れは危険サイン!?身近な嗅覚疲労とは関連ページ

鼻・嗅覚の疲れ / 人の嗅覚閾値でも高い感度で疲労につながる
犬は人の4倍程鼻が効くと言われていますが、人間の鼻だって十分すぎるくらいの感度があります。だから、毎日普通に生活しているだけでも何百種類のニオイを感知し、それを嗅ぎわけていることで徐々に嗅覚も疲労してしまうのです。
嗅覚で疲れを取る / 科学的に証明されている意味と効果
嗅覚は人間が持っている五感の中で唯一直接的に脳に繋がり、ニオイの成分が直接脳を刺激する特殊な感覚器です。そして嗅神経が繋がる大脳辺縁系は古い細胞と言われており、このため嗅覚は動物の持つ原始的な感覚であると言われています。
嗅覚で疲れを取る / 匂い情報が辿る脳のルートと効果
嗅覚の情報は、他の感覚情報とは伝達ルートが異なって大脳原皮質や視床下部に届いて様々な機能に働きかけます。このため“ニオイ”をきっかけとして昔の記憶が蘇ったり、気分が良くなったり、おなかが空いたりするのです。
嗅覚でリラックスする / 効果の高い香りと嗅覚のリラックス
シトラスの香りはコルチゾ―ルの分泌を抑える働きがあり、花や森林の香りにはリラックス効果、スムーズな睡眠導入の効果があります。しかしこれらの香りの効果を得るためには、嗅覚が常に疲労していない状態である必要があります。
嗅覚で疲れる具体例 / 適度な休息と絶えず鍛えることが重要
嗅覚は極めて疲れやすいので、強いニオイを嗅いだ時には1分程度の休息によって疲れた感覚を回復させるということも必要です。また、色々な香りを嗅ぐことで嗅覚は鍛えられ、同時に脳の活性化やアンチエイジングにも効果があるようです。
嗅覚で疲れを取る / 香りは濃度が大切!効果的なお勧め方法
嗅覚で疲れを取る方法は、やはりリラックスや疲労回復効果のある香りを嗅ぐことだと思います。香りを嗅ぐ方法としては芳香浴やスプレーを噴霧する方法、入浴時のお湯に香りを付ける方法やオイルマッサージなど多岐に渡る手段があります。
嗅覚で疲れを取る アロマオイル / 看護師からのお勧めグッズ
香りで疲れを取るためには、まずは精油、いわゆるアロマオイルを購入するところから始まります。精油を購入する際には、日本アロマ環境協会が安全だと認めたAEAJ表示基準適合精油に認定されているものを選ぶと安心です。
嗅覚で疲れを取る ディフューザー / 看護師からのお勧めグッズ
香りを広げる拡散器には、アロマポットやアロマライト、アロマディフューザーなどがあります。それぞれデザインの凝った商品も数多く販売されているので、部屋のインテリアとして選んでみるとさらに楽しさが増えるのではと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead