嗅覚で疲れを取る / 科学的に証明されている意味と効果

生命維持にとても重要な役割を持つ嗅覚とは

人間が持つ五感は、それぞれが色々な情報を拾って脳に伝達しています。

 

そして、それらの情報が脳内で総合的な判断材料となることで、結果私達は自分の身の安全を守ったり、生命を維持することができています。

 

この5つの感覚器の中で、他の機能に比べて特に重要な役割を果たしていると言われてのが嗅覚なのです。

 

ではなぜ、嗅覚が最も重要だと言われているのでしょうか?

 

 

動物が持つ嗅覚は原始的な特殊感覚である

証明されている嗅覚の疲れを取る効果

証明されている嗅覚の
疲れを取る効果

犬や猫などは、餌など何かを見つけたい時に視覚で探すよりも、クンクンとにおいを嗅ぐことで探り当てたり、自分の縄張りを確認したり、親子の存在の確認をしますよね。

 

これは人間にも当てはまり、嗅覚によって食べ物や環境の安全性を確認しますし、嗅覚を使って自分の持ち物や家族や仲間を判別することも多いと思います。

 

このように、視覚や触覚ではなく“嗅覚”を使って生命の危険を嗅ぎ分けるという行為は、動物の行動の中でもかなり『原始的な』ものであると言われています。

 

そして、我々動物の持つ“嗅覚”を司っている器官もまた、“原始的な”ツクリとなっているということなのです。

 

嗅覚が原始的であるという裏付け根拠とは?

嗅粘膜が存在している嗅上皮を形態学的な視点から見てみると、かなり「原始的な感覚細胞」と言え、そう言われる所以としては嗅神経でもある嗅細胞が粘膜から直接受容器を出してニオイ成分をキャッチしているという構造にあります。

 

また、他の感覚の電気刺激はすべて視床を中継して“新しい細胞”である大脳皮質に行き着くのに対して、嗅覚の情報だけは視床を通過せずに直接“古い細胞”である大脳辺縁系に入るようになっているのです。

 

これらが“嗅覚がもっとも原始的な特殊感覚である”という考えを裏付けする格好となっているということです。

 

人の嗅覚も犬ほどではありませんが敏感に色々なニオイに反応できるというのは、このような情報伝達回路の特徴が大きく影響を及ぼしているのではないかと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク