疲れが取れない方へ - 嗅覚で疲れを取る / 匂いの脳のルートと効果

嗅覚で疲れを取る / 匂い情報が辿る脳のルートと効果

嗅覚の情報は、他の感覚情報とは伝達ルートが異なって大脳原皮質や視床下部に届いて様々な機能に働きかけます。このため“ニオイ”をきっかけとして昔の記憶が蘇ったり、気分が良くなったり、おなかが空いたりするのです。

多くの脳部位に作用する!ニオイが刺激する様々な反応とは

人間が持つ感覚の中でもかなりの高い感度を誇っている嗅覚は、五感の中での唯一の特徴が大きく関係しているということはご紹介の通りです。

 

五感の中でも嗅覚だけは視床を通らずに大脳辺縁系に届くというお話をしましたが、これによって嗅覚は他の感覚とルートが違う分、実に様々な脳組織と繋がり多くの反応を引き起こすことになっています。

 

自律機能に深い影響を及ぼす嗅覚

 

匂いで疲れを取る事には大きな意味と効果が

匂いで疲れを取る事には
大きな意味と効果が

そのいくつかの違いを簡単にご紹介したいと思います。

 

まず、嗅覚が最初に届く大脳辺縁系が司っているものは感情や記憶です。

 

このため私達は、昔匂ったことのある香りをふと嗅ぐと、その当時の記憶やその時に感じていた感情などを一気に思い出すことがあるのです。

 

また大脳辺縁系には、摂食や飲水、睡眠などの本能的な機能を司っている視床下部も含まれているので、ニオイを嗅ぐだけで食欲が湧いてきたり、眠気を誘発したりすることに繋がるのです。

 

さらに視床下部は、ホルモンの変動といった自律機能や、怒りや不安などの情動を司っている部分でもあります。

 

これによって、そういった効果のある香りを嗅ぐことで気分が落ち着いたり、自律神経反射が起こることになります。

 

皆さんも好きな香りを嗅ぐことで、心がリラックスしたり元気が出てきたといった経験があるのではないかと思いますが、これは決して気のせいではないのです。

 

最終的には大脳皮質へ!体全体に効果を及ぼすニオイの情報

 

そして、最終的にはニオイの情報も大脳皮質に行きつくので、大脳皮質が司っている知覚や推理、随意運動といった部分にも影響し、判断力や集中力などにも大きく影響を及ぼすようになっていきます。

 

これらの根拠から、嗅覚を使って疲れを取るということには大きな意味があり十分な効果が得られるとても良い方法であると言えるのではないかと思います。

 

前のページ 次のページ

疲労回復お勧めグッズ


睡眠 : ネムリス-nemlis

ネムリス

筑波大学共同研究で開発された休息特許成分配合の睡眠サプリメントで、睡眠時脳波検証で初めて科学的効果が発見された休息実感92%の休息グッズです。体と心に優しい設計で、12種の休息快眠成分配合、バランス良いナチュラルな休息で夜はグッスリで朝はスッキリの睡眠を提供しています。



睡眠 : Suyatto ハーブの休息

ハーブの休息

24種類の天然ハーブエキスと2種類の休息アミノ酸を配合した、93%以上の人が効果を実感している休息ドリンクです。天然素材抽出で依存性などもなく安心です。配合のハーブには休息をサポートする素材の他に、冷えや美容にも良い素材が配合され、 カラダ全体から休息サポートに働きかけます。



入浴 : 薬用入浴剤DRアロマバス

薬用入浴剤DRアロマバス

天然エッセンシャルオイル配合で医師がブレンドした薬用入浴剤です。「スキンケア・ビューティー・正眠・フェリデローズ・プレミアム」の5種類があり、どれも入浴後のお肌をサラサラにしてくれます。上品な香りに包まれた入浴タイムが心も体もリラックス出来る時間となり疲れを癒します。
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

嗅覚で疲れを取る / 匂い情報が辿る脳のルートと効果関連ページ

鼻・嗅覚の疲れ / 人の嗅覚閾値でも高い感度で疲労につながる
犬は人の4倍程鼻が効くと言われていますが、人間の鼻だって十分すぎるくらいの感度があります。だから、毎日普通に生活しているだけでも何百種類のニオイを感知し、それを嗅ぎわけていることで徐々に嗅覚も疲労してしまうのです。
嗅覚の疲れ / 匂いの慣れは危険サイン!?身近な嗅覚疲労とは
人には、あるニオイを嗅ぎ続けているうちに次第に感じなくなるという嗅覚の順応=嗅覚疲労が起こります。短期的な嗅覚疲労はそのうち回復するのですが、長期的になったりニオイが強かったりすると回復することなく機能の低下を招きます。
嗅覚で疲れを取る / 科学的に証明されている意味と効果
嗅覚は人間が持っている五感の中で唯一直接的に脳に繋がり、ニオイの成分が直接脳を刺激する特殊な感覚器です。そして嗅神経が繋がる大脳辺縁系は古い細胞と言われており、このため嗅覚は動物の持つ原始的な感覚であると言われています。
嗅覚でリラックスする / 効果の高い香りと嗅覚のリラックス
シトラスの香りはコルチゾ―ルの分泌を抑える働きがあり、花や森林の香りにはリラックス効果、スムーズな睡眠導入の効果があります。しかしこれらの香りの効果を得るためには、嗅覚が常に疲労していない状態である必要があります。
嗅覚で疲れる具体例 / 適度な休息と絶えず鍛えることが重要
嗅覚は極めて疲れやすいので、強いニオイを嗅いだ時には1分程度の休息によって疲れた感覚を回復させるということも必要です。また、色々な香りを嗅ぐことで嗅覚は鍛えられ、同時に脳の活性化やアンチエイジングにも効果があるようです。
嗅覚で疲れを取る / 香りは濃度が大切!効果的なお勧め方法
嗅覚で疲れを取る方法は、やはりリラックスや疲労回復効果のある香りを嗅ぐことだと思います。香りを嗅ぐ方法としては芳香浴やスプレーを噴霧する方法、入浴時のお湯に香りを付ける方法やオイルマッサージなど多岐に渡る手段があります。
嗅覚で疲れを取る アロマオイル / 看護師からのお勧めグッズ
香りで疲れを取るためには、まずは精油、いわゆるアロマオイルを購入するところから始まります。精油を購入する際には、日本アロマ環境協会が安全だと認めたAEAJ表示基準適合精油に認定されているものを選ぶと安心です。
嗅覚で疲れを取る ディフューザー / 看護師からのお勧めグッズ
香りを広げる拡散器には、アロマポットやアロマライト、アロマディフューザーなどがあります。それぞれデザインの凝った商品も数多く販売されているので、部屋のインテリアとして選んでみるとさらに楽しさが増えるのではと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead