嗅覚で疲れを取る / 匂い情報が辿る脳のルートと効果

多くの脳部位に作用する!ニオイが刺激する様々な反応とは

人間が持つ感覚の中でもかなりの高い感度を誇っている嗅覚は、五感の中での唯一の特徴が大きく関係しているということはご紹介の通りです。

 

五感の中でも嗅覚だけは視床を通らずに大脳辺縁系に届くというお話をしましたが、これによって嗅覚は他の感覚とルートが違う分、実に様々な脳組織と繋がり多くの反応を引き起こすことになっています。

 

 

自律機能に深い影響を及ぼす嗅覚

匂いで疲れを取る事には大きな意味と効果が

匂いで疲れを取る事には
大きな意味と効果が

そのいくつかの違いを簡単にご紹介したいと思います。

 

まず、嗅覚が最初に届く大脳辺縁系が司っているものは感情や記憶です。

 

このため私達は、昔匂ったことのある香りをふと嗅ぐと、その当時の記憶やその時に感じていた感情などを一気に思い出すことがあるのです。

 

また大脳辺縁系には、摂食や飲水、睡眠などの本能的な機能を司っている視床下部も含まれているので、ニオイを嗅ぐだけで食欲が湧いてきたり、眠気を誘発したりすることに繋がるのです。

 

さらに視床下部は、ホルモンの変動といった自律機能や、怒りや不安などの情動を司っている部分でもあります。

 

これによって、そういった効果のある香りを嗅ぐことで気分が落ち着いたり、自律神経反射が起こることになります。

 

皆さんも好きな香りを嗅ぐことで、心がリラックスしたり元気が出てきたといった経験があるのではないかと思いますが、これは決して気のせいではないのです。

 

最終的には大脳皮質へ!体全体に効果を及ぼすニオイの情報

そして、最終的にはニオイの情報も大脳皮質に行きつくので、大脳皮質が司っている知覚や推理、随意運動といった部分にも影響し、判断力や集中力などにも大きく影響を及ぼすようになっていきます。

 

これらの根拠から、嗅覚を使って疲れを取るということには大きな意味があり十分な効果が得られるとても良い方法であると言えるのではないかと思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク