嗅覚でリラックスする / 効果の高い香りと嗅覚のリラックス

効果絶大!脳に直接働きかける嗅覚を使ったリラックス方法とは

嗅覚で疲れを取る / 科学的に証明されている意味と効果」でもお伝えした通り、嗅細胞から取り込まれたニオイ成分は様々な脳に届いて作用をもたらすため、“ニオイ”でリラックスするというのは即効性と効果の高い、優れたリラックス法であると言えるのではないかと思います。

 

 

様々な不調を引き起こす“ストレスホルモン”を抑えてくれる香りとは?

嗅覚での疲労回復方法

嗅覚での疲労回復方法

現在確認されているニオイの効果のなかで、リラックスに関するものをいくつかご紹介したいと思います。

 

まずは、レモンやオレンジなどの柑橘系の香りである“シトラス”です。

 

この香りは副腎皮質ホルモンであるコルチゾールの分泌を抑える働きがあると言われています。

 

コルチゾールは、様々な代謝活動や免疫機構に関与していたり、炎症を抑える働きもあるなど私達人間の生命維持に深い関わりを持っているホルモンの一つです。

 

しかし、その一方でストレスを感じたりうつ状態に陥った際には多量に分泌されるという特徴を持っており、このコルチゾールの量が多くなってしまうと血圧や血糖値の上昇につながったり、不妊や免疫機能の低下、さらには脳の海馬を萎縮させるということも近年分かってきたようです。

 

このため、「最近ストレスを感じることが多いな」と思った際には、意識的にシトラスの香りをかいでコルチゾールが過剰に分泌しないよう対策を取るのがお勧めです。

 

質の高い睡眠に効果あり!リラックス効果の高い香りとは?

続いては花や森の香りです。

 

植物系の香りや森の香りについては、免疫力を上げたりリラックス効果も高いと言われています。

 

そのためでしょうか、これらの香りには寝付きが良くなったり、寝ている途中に目が覚めにくくなるという効果もあるようです。

 

ですので、「最近寝付きが悪い、眠りが浅いな」と感じている方は、寝る前にそれらの香りのアロマを焚いてみたり、アロマオイルを使って眠る前にマッサージをしてみたりすると、質の高い眠りを得られるのではないかと思います。

 

嗅覚が疲れていては意味がない!疲労リセットの方法とは?

このように様々な良い効果をもたらす香りがあるのですが、前にもご紹介したように肝心の嗅覚が疲労していては、十分にリラックスの効果を発揮させることもできません。

 

そんな時は、コーヒー豆の香りに嗅覚をリセットする効果があるようです。

 

実際に、強い香りが絶えず充満している香水店などでは、嗅覚のリセットのためにコーヒー豆を用意しているお店もあるということです。

 

嗅覚の疲労は意外と気付かないうちに起こっていたりするので、眠る前には一度コーヒー豆の香りを嗅いでリセットするということを習慣づけてみても良いかもしれませんね。

 

また、嗅覚は優しい香りを積極的に嗅ぐことで“鍛える”ことができると言われています。

 

良い効果をもたらす香りをたくさん嗅ぐことによって、体にも良い変化をもたらしながらいつのまにか嗅覚も鋭く鍛えられて一石二鳥になりそうですね。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク