疲れが取れない方へ - 嗅覚で疲れを取る / 香りは濃度が大切・効果的な方法

嗅覚で疲れを取る / 香りは濃度が大切!効果的なお勧め方法

嗅覚で疲れを取る方法は、やはりリラックスや疲労回復効果のある香りを嗅ぐことだと思います。香りを嗅ぐ方法としては芳香浴やスプレーを噴霧する方法、入浴時のお湯に香りを付ける方法やオイルマッサージなど多岐に渡る手段があります。

疲労回復に効果のある香りで疲れを取りましょう!

嗅覚で疲れを取る方法。

 

それは、やはり何と言っても疲れを取る効果やストレスを軽減してくれる効果のある“香りを嗅ぐこと”だと思います。

 

香りの楽しみ方は多種多様!

 

疲労回復効果のある香りで疲れを取る

疲労回復効果のある
香りで疲れを取る

ただ、その香りの嗅ぎ方にも実に様々な方法があります。

 

例えば、アロマポットなどを使って部屋中に香りを充満させて楽しむ芳香浴や、浴槽の中に精油を数滴垂らして入浴する方法、またはアロマオイルでマッサージするというのも代表的な方法ではないかと思います。

 

他にも、アロマスプレーを作ってお部屋にシュッシュとスプレーしてほのかに香らせる方法や、熱湯の中に精油を垂らして蒸気吸入という方法で香りの効果を取り入れるという方法もあるということです。

 

ニオイはちゃんと脳に作用する!

 

近年でも“アロマ、アロマ”とよく聞くワードではありますが、皆さんの中には「たかがニオイ」と思っている方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

 

確かに一見ただのニオイ。

 

しかしやはり、されど『ニオイ』なのです!

 

ちゃんと実験などによって脳に作用しているということが実証されていたり、ある企業で行われた検証によると、職場に香りを漂わせた時と香りのない時のミスが起こる確率を調べたところ、香りのない時の失敗を100とすると、

 

ラベンダーの香りでは79

 

ジャスミンの香りでは69

 

さらにシトラス(柑橘)系の香りの際には46

 

にまでミス率を下げるという結果が出たというのです。

 

その他にも、草や葉っぱなどの緑にふくまれる青葉アルコールや、青葉アルデヒドという成分には疲労回復効果があり、これらは特に脳の疲れに効果的となっています。

 

この緑に含まれている有効成分は、実際に植物のある所に行かなくても緑茶の香りで代用できるということです。

 

ニオイの快・不快は濃度で決まる?

 

ただ、これらの香りを楽しむ際に注意しておかなくてはならないのが、『良いニオイでも、濃度が濃くなると不快に感じる』ということです。

 

またその反対で、始めは不快だと思っていたニオイもその濃度が薄くなることで“快適なニオイ”に転じることがあります。

 

これは香水や洗濯洗剤などの香りが、適量の限度を越えると不快感を与える場合があることを考慮するとすんなり納得できますよね。

 

折角素晴らしい効能を発揮する香りがたくさんあるのですから、それらを適切に利用して上手く自分の体調やメンタルのコントロールに役立てることができれば良いのではないかと思います。

 

前のページ 次のページ
当サイト人気記事

更新 :

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

嗅覚で疲れを取る / 香りは濃度が大切!効果的なお勧め方法関連ページ

鼻・嗅覚の疲れ / 人の嗅覚閾値でも高い感度で疲労につながる
犬は人の4倍程鼻が効くと言われていますが、人間の鼻だって十分すぎるくらいの感度があります。だから、毎日普通に生活しているだけでも何百種類のニオイを感知し、それを嗅ぎわけていることで徐々に嗅覚も疲労してしまうのです。
嗅覚の疲れ / 匂いの慣れは危険サイン!?身近な嗅覚疲労とは
人には、あるニオイを嗅ぎ続けているうちに次第に感じなくなるという嗅覚の順応=嗅覚疲労が起こります。短期的な嗅覚疲労はそのうち回復するのですが、長期的になったりニオイが強かったりすると回復することなく機能の低下を招きます。
嗅覚で疲れを取る / 科学的に証明されている意味と効果
嗅覚は人間が持っている五感の中で唯一直接的に脳に繋がり、ニオイの成分が直接脳を刺激する特殊な感覚器です。そして嗅神経が繋がる大脳辺縁系は古い細胞と言われており、このため嗅覚は動物の持つ原始的な感覚であると言われています。
嗅覚で疲れを取る / 匂い情報が辿る脳のルートと効果
嗅覚の情報は、他の感覚情報とは伝達ルートが異なって大脳原皮質や視床下部に届いて様々な機能に働きかけます。このため“ニオイ”をきっかけとして昔の記憶が蘇ったり、気分が良くなったり、おなかが空いたりするのです。
嗅覚でリラックスする / 効果の高い香りと嗅覚のリラックス
シトラスの香りはコルチゾ―ルの分泌を抑える働きがあり、花や森林の香りにはリラックス効果、スムーズな睡眠導入の効果があります。しかしこれらの香りの効果を得るためには、嗅覚が常に疲労していない状態である必要があります。
嗅覚で疲れる具体例 / 適度な休息と絶えず鍛えることが重要
嗅覚は極めて疲れやすいので、強いニオイを嗅いだ時には1分程度の休息によって疲れた感覚を回復させるということも必要です。また、色々な香りを嗅ぐことで嗅覚は鍛えられ、同時に脳の活性化やアンチエイジングにも効果があるようです。
嗅覚で疲れを取る アロマオイル / 看護師からのお勧めグッズ
香りで疲れを取るためには、まずは精油、いわゆるアロマオイルを購入するところから始まります。精油を購入する際には、日本アロマ環境協会が安全だと認めたAEAJ表示基準適合精油に認定されているものを選ぶと安心です。
嗅覚で疲れを取る ディフューザー / 看護師からのお勧めグッズ
香りを広げる拡散器には、アロマポットやアロマライト、アロマディフューザーなどがあります。それぞれデザインの凝った商品も数多く販売されているので、部屋のインテリアとして選んでみるとさらに楽しさが増えるのではと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
疲れが取れない原因 男性の疲れ 女性の疲れ 環境・タイプ別の疲れ

学びネット powered by TrendLead