嗅覚で疲れを取る ディフューザー / 看護師からのお勧めグッズ

最近のトレンドはディフューザー?気になるその機能とは

精油を購入したら、次はその香りを効率的に拡散するディフューザーが必要になります。

 

 

インテリアとしても大活躍のアロマディフューザー

…とは言いましたが、もちろん拡散器が無くても、マッサージ用のオイルを自分で作ったり、入浴の際に数滴垂らしたり自分でスプレーを作ったり…といった使い方をするなら全然無くてもOKです。

 

しかし、拡散器があれば就寝前に拡散させながら眠りにつくことができますし、絶えず香りを部屋に充満させておくこともできるのであると便利です♪

 

また、現在は様々なデザインのものが販売されているので、インテリアの一つとして置いておくのも楽しいのではないかと思います。

 

ほのかな香りを楽しめるアロマライト

ラサーナ アロマディフューザー

ラサーナ アロマ
ディフューザー

アロマの拡散器としてメジャーなのは、やはりアロマポットやアロマライトですよね。

 

アロマライトは電気でオイルを温めて香りを広げる拡散器です。

 

カバー部分に模様があったり、ライトの色も様々選べるので、インテリアとしても使える便利アイテムだと思います。

 

ただ、アロマライトは香りを拡散させる力が他の道具に比べると弱いという特徴があるので、ほのかに香りを広げたいという方にお勧めです。

 

ラサーナ アロマディフューザー

 

お気に入りのアイテムを見つけて香りを楽しもう!

少し前までは、アロマポットやアロマキャンドルなどの人気が高かったと思うのですが、これらは火を使うため就寝前に使うには安全性に欠けたり、後始末が面倒という難点がありました。

 

そこで最近では、手軽に利用できるアロマディフューザーが主流になりつつあるようです。

 

アロマディフューザーは、アロマオイルの微粒子を霧とともに拡散させるものです。

 

超音波でオイルを拡散させるものや、陶器製のもの、音楽再生機能がついているものなど様々な商品があるため、個々の好みに合ったものを選ぶと良いと思います。

 

その中でも私がお勧めしたい一品は、それらの家庭用のものではなく、持ち運びもできる電気を使わないディフューザー、「hum デスクアロマ」です。

 

hum デスクアロマ

hum デスクアロマ

これなら、仕事先のデスクの上に置いて使うことができますし、持ち運びできるのでふと疲れを感じた時にすぐに香りを嗅ぐこともできるので、なかなか使えるアイテムではないかと思います。

 

また、先程の「鼻・嗅覚で疲れを取るためのお勧め方法」の項でもご紹介した草や森の香りの代用である緑茶の茶葉の香りを十分に楽しみたいときに使う拡散器として、茶香炉というものもあります。

 

これは茶葉専用の香炉で、電気香炉ももちろんあります。

 

緑茶の香りには、リラクゼーション効果とともに消臭効果もあるので、お部屋のちょっとした消臭にも使えて一石二鳥ではないかと思います。

 

気になった方は是非、チェックしてみて下さいね。

 

アロマディフューザーhum デスクアロマ

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク